【速報】専科・飛鳥裕さん&花組・菜那くららさん、紗愛せいらさん、矢吹世奈さん、舞希翼さん退団発表!既に退団済みの生徒さん、エトワールや新人公演で活躍していた生徒さん…意外な発表に動揺する宝塚ファン…

今日は花組のお正月公演「ポーの一族」の集合日。集合日と言えば、ファンにとって心臓に悪い日でもあります。その公演で退団する生徒さんの発表日でもあるからです。今回の花組の集合日ではなんと5名もの退団者の発表が…!長年宝塚を、特に雪組と月組を支えてきた専科の飛鳥裕さんの名前や、これから活躍すると思っていた菜那くららさん、紗愛せいらさん、矢吹世奈さんら下級生の名前も…。そして既に退団済みの花組生、舞希翼さんの名前もあり、ファンに動揺が広がっています。その詳細をこちらでお伝えしていきます。

恐怖の集合日…花組は「ポーの一族」で退団者アリ!

先日、大好評のうちに千秋楽の幕を下ろした花組「ハンナのお花屋さん」と「はいからさんが通る」。さっそく次の大劇場公演「ポーの一族」に向けてお稽古が始まりました。

 

 

大人気少女漫画「ポーの一族」の初の舞台化に大きな期待が高まる中、集合日と言えば嫌な発表がつきものす。

特に明日海りおさんはトップ在任期間が長くなってきたため、今後の集合日は心して迎えることになりそう。。。

今回の「ポーの一族」集合日でも何か嫌な発表がなければいいけど…なんて気持ちを抱えていたファンも多かったことと思いますが、公式サイトに更新された「花組退団者のお知らせ」という文字…!

 

 

お知らせ詳細を開くまで心臓がバクバクしてしまいますよね…今回は娘役さん2人と男役さん2人の退団ということでした。

そして、意外なところから専科の飛鳥裕さんのお名前も!!今回発表になった退団者4名の詳細を以下にお伝えしていきたいと思います。

花組公演「ポーの一族」に関する記事はコチラ

今回発表になった5名の退団者とは

専科・飛鳥裕さん

今回、少し意外だったのが専科の飛鳥裕さん。専科さんの多くは定年である60歳で退団していく方が多いのですが、飛鳥裕さんは62期生。1976年が初舞台です。つまり、研42。うーん、確かに定年退職の年齢かもしれません。

でも専科移動が遅かったためか、「えっ?!ナガさん?!」という反応の方が多いような気がします。

なんと1998年から14年間も雪組で組長をされ、そのあと一旦専科に異動されますが2013年には月組に組替え、再び組長として組内をまとめる幹部に。

大勢の組子をまとめる組長という役職は家族で言うなら父親のような存在なので、羽目を外しやすい下級生たちを時に叱咤したりもしますが、人望が無くては指示も通りません。

飛鳥裕さんはそういう意味で非常に適性のある方だったのでしょうね。

いつも穏やかで優しそうな笑顔と語り口調で、ファンにとっても優しいお父さん(お母さん?)という印象で、ファンも含めて温かく見守ってもらっていたような気がします。

「組長と言えば」の飛鳥裕さんがいない宝塚、寂しくなりますね。。。

花組・菜那くららさん、紗愛せいらさん、矢吹世奈さん
93期・94期・97期からも1人ずつ

「ポーの一族」東京千秋楽にてタカラジェンヌを卒業する花組生は3名。

  • 菜那くららさん(93期生)
  • 紗愛せいらさん(94期生)
  • 矢吹世奈さん(97期生)

菜那くららさんはこれまでに二度エトワールを務めたことのある、歌ウマジェンヌさんです。

矢吹世奈さんはまだ研7、新人公演でも主要な役にたくさんつき、美人ジェンヌさんとしてもファンの注目を集めて期待がかかっていただけに、かなりショックを受けている人が多いようです。

退団される理由は皆さんそれぞれですが、新人公演でなかなか大きな役がつかずに悩む下級生が多い中、矢吹世奈さんは恵まれているほうの役付きなので、タカラジェンヌとしての限界を感じた…というわけではないように思います。

何か新しい夢を見つけたのか、のっぴきならない事情があるのか…伸びしろはたっぷりある生徒さんなので、「もったいない!」と感じているファンは多そうです。

既に退団済みになってしまった花組生舞希翼さん

残念ながら「ポーの一族」東京千秋楽にてタカラジェンヌを卒業する以上の4名に加えて、大階段を袴姿で降りることなく既に退団してしまった生徒さんも。

本日付けで既に宝塚を去ってしまった舞希翼さんはまだ100期生。

しかも「ポーの一族」千秋楽を待てずに早々に退団されてしまう理由が何かあるということですね。

去年は毎年恒例の中山寺の節分祭に選ばれていましたので、舞希翼さんは劇団としてもそれなりに注目していた生徒さんだったのではないでしょうか。

せっかく念願のタカラジェンヌになれたのに、最後の袴も穿かずにに去ってしまうというのは、ご家庭の事情などの一身上の都合かもしれませんね。

100期生からは既に星風まどかさんというトップさんも出ていますし、男役さんたちもようやく今から新人公演で主要な役につき始めてきた頃なので、本当に残念です。

「ポーの一族」いろいろな意味で貴重な公演に

飛鳥裕さんをはじめ、菜那くららさん、紗愛せいらさん、矢吹世奈さんという4名もの退団者のある「ポーの一族」。

大人気少女漫画の舞台化というニュースと、この作品で柚香光さんが正2番手に就任するであろうこと。

大きなトピックスが2つある公演となりますが、この作品で宝塚の舞台に立つ姿を見るのが最後になってしまう生徒さんが4名もいるというトピックスが加わりました。

 

 

「ポーの一族」お稽古は始まったばかりで、どんな作品になるのかまだベールに包まれたままですが、ゼッタイに見逃せない公演になることは間違いなさそうですね。

東京宝塚劇場の大階段を緑の袴で降りる最後の日まで、4名の生徒さんの最高に素敵な舞台姿をじっくり堪能させてもらいましょう!

退団関連のオススメ記事はコチラ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。