宝塚歌劇団・花組人気歴代トップ、それぞれの特徴や魅力は?まとめた情報を、わかりやすく一覧でご紹介!!

これまで宝塚歌劇団花組を支えてこられた、歴代トップの方は現在花組トップ男役を務められている明日海りおさんを含め、26人いらっしゃいます。花組は勿論、今の宝塚を作り上げたと言っても過言ではない、歴代トップの方々。そんな宝塚歌劇団花組の偉大な歴代トップの仲でも、歴史に残る方や人気を集めた方を一覧でご紹介します!それぞれの特徴や魅力など、まとめた情報をお楽しみください。

宝塚歌劇団・花組を支えた歴代トップ

これまで宝塚歌劇団花組を支えてきた歴代トップは、初代花組トップの(高峰妙子・たかみねたえこ)さんから現在、花組のトップを務める(明日海りお・あすみりお)さんを含め、26人いらっしゃいます。
組のカラーは、トップによって決まると言われていますが、宝塚歌劇団花組の歴代トップはどのような方々だったのでしょうか。

黒燕尾・ダンスの花組とも言われている、宝塚歌劇団花組の歴代トップの仲でも、歴史に残る方や人気を集めた方を一覧でご紹介します。それぞれの特徴や、語りつくせない魅力など、まとめた情報をお楽しみください。

宝塚歌劇団花組、歴代トップ一覧・その①

越路吹雪・こしじふぶき(1951年退団)

宝塚歌劇団に在団中ながら、「ブギウギ巴里」でレコートデビューもされ、戦後の宝塚最大の大ヒットとなりました。
退団後も、日本のシャンソンの女王と呼ばれ活躍。代表曲には、今も歌い継がれている「愛の讃歌」「ろくでなし」などがあります。

享年56歳で、胃癌のためお亡くなりになりました。

甲にしき・こうにしき(1974年退団)

男役としては小柄ではありましたが、今でも宝塚歌劇団で再演されている、「小さな花がひらいた」「この恋は雲の涯まで」などの大作を予に送り出された歴代トップです。

退団後もテレビや舞台などで活躍され、現在は東京宝塚劇場の支配人を務められています。

安奈淳・あんなじゅん(1976年6月23日~1978年7月31日)

1970年(鳳蘭・おうとりらん)さんと共に、星組トップを務めます。
その後、花組へ組み替えとなりトップに就任。「ベルサイユのばら」でオスカル役を演じられ、第一期ベルばらブームを築いた歴代トップです。

退団後は、舞台やテレビなどで活躍され、宝塚歌劇団で演技指導もされています。

宝塚歌劇団花組、歴代トップ一覧・その②

大浦みずき・おおうらみずき(1987年12月31日~1991年11月29日)

端整な顔立ちとダンスに、大変定評のあった大浦みずきさん。「ダンスの花組」と言われる一時代を築かれました。
宝塚歌劇団100人の一人として、殿堂入りもしています。

退団後も、舞台を中心に活躍されていましたが、2009年53歳という若さで、肺癌のためお亡くなりになりました。
偉大な方の早すぎる別れを惜しみ、当時の組子や宝塚歌劇団の生徒から、沢山の追悼の言葉が寄せられたそうです。

真矢みき・まやみき(1995年5月6~1998年10月5日)

現在、テレビやドラマを中心に活躍されている真矢みきさん。
宝塚ファンの方であれば、この方の活躍は誰もがご存知ではないでしょうか。

絶大な人気を誇り、長髪やナチュラルな舞台メイクなど、これまでされていなかったことを積極的に取り入れていました。
また、宝塚歌劇団では初となる、武道館でのソロコンサートを開催します。「ヅカの革命児」とも呼ばれ、宝塚に新しい風を吹かせた歴代トップと言われているのです。

宝塚歌劇団花組、歴代トップ一覧・その③

春野寿美礼・はるのすみれ(2002年6月24日~2007年12月24日)

高い歌唱力で下級生の頃から注目され、当時男役の宝庫であった花組から抜擢され、トップに就任します。
お披露目公演は、大作「エリザベート」。新曲・私が踊る時が追加され、大変好評を得ました。
退団までの間、三井住友VISAカードのイメージキャラクターも務められています。

春野寿美礼さんの高い歌唱力が買われ、ショー「TAKARAZUKA舞夢」ではX JAPANのYOSHIKIさんが楽曲を提供され、大変話題となりました。

退団後は、舞台を中心に活躍されています。

真飛聖・まとぶせい(2007年12月25日~2011年4月24日)

宝塚歌劇団・星組から組み替えとなり、花組トップに就任。他組からのトップ就任は、歴代トップの大浦みずきさん以来です。

端整な顔立ちや歌に定評があり、在団中はCDなども発売されました。
退団後は、ドラマや映画・舞台などで幅広く活躍されています。

蘭寿とむ・らんじゅとむ(2011年4月25日~2014年5月11日)

初舞台後は花組へ配属され、その後宙組で三番手スターとして活躍されていました。
トップ就任と共に花組へ組み替え。宝塚音楽学校入学から、退団まで一度も首席の座を譲らなかったと言われています。

在団中はテレビ(SMAP×SMAP)などにも出演され、芸能界などにもファンが多く、幅広い分野で人気のあった歴代トップです。

今後の歴史を作る、宝塚歌劇団花組トップに期待!!

宝塚歌劇団花組で、数々の歴史を作り上げてこられた、歴代トップの方々を一覧でまとめてご紹介させて頂きました。
皆さんが、宝塚を好きになるきっかけを作られた歴代トップの方も、いらっしゃったのではないでしょうか。
この方たちがいなければ、花組だけではなく、今の宝塚はなかったと言っても過言ではありません。

作り上げてこられた伝統を、大切に受け継がれていくことが、宝塚ならではの魅力でもあります。
また新たな挑戦などもあるかとは思いますが、今後どのような歴史に残るトップが現れるのか目が離せません。

宝塚歌劇団花組、歴代トップの関連記事はこちら

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。