未だ破られることのないトップ在位記録を残す花總まりの魅力とは?

12年3か月という他を寄せ付けないほど長く、宝塚歌劇団に在籍した、タカラジェンヌがいます。その名は花總まり。未だ破られることのないトップ在位記録を残す花總まりの魅力を語りつくします!

12年3か月という他を寄せ付けないほど長く、宝塚歌劇団に在籍した、タカラジェンヌがいます。

その名は花總まり

未だ破られることのないトップ在位記録を残す花總まりの魅力を語りつくします!

ミーミルちゃんからスカーレット・オハラ、憧れの娘役・花總まり。

今でも沢山の娘役が花總まりに憧れタカラジェンヌになろうと思ったと語るほどの影響力のある彼女。

入団1年目、配属された星組にて迷作の誉れ高い『白夜伝説』というショーでミーミルという役がつき周りから“ミーミルちゃん”と呼ばれるほど可愛がられ、雪組に異動後の『コート・ダジュール』というショーのロケットで抜群のプロポーションを披露し、一路真輝主演の『風と共に去りぬ』では新人公演で娘役がトップスターの役を演じるという当時としても異例の配役で娘役トップに就任する前から話題に事欠かなかったのです。

娘役トップになるために生まれた人。

トップ就任当時は顔も薄めで歌声に厚みもなく何か押し出しの弱い子という印象。

それもそのはず他の組の娘役トップが、何でもこなす森奈みはる、美貌の麻乃佳世、大型娘役の白城あやかの同期三人娘ではなかなか前に出られないのも致し方ないというべきでしょうか。しかしここから彼女の伝説が始まるのです。

一路真輝の退団後、高嶺ふぶき、轟悠、宙組創設の初代娘役トップになり姿月あさと、和央ようかと5人ものトップスターの相手役を務め上げるのです。後半はその長さに一生辞めないんじゃないかとも思いましたが、宙組を観に行った際の絶対的な安心感は心地よかったですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。