新公ヒロイン抜擢!宝塚花組・華 優希!七海ひろきもメロメロにする?!可愛すぎる期待の娘役の成績や経歴をチェック♪

大劇場花組公演『邪馬台国の風』の新人公演で初のヒロイン役に抜擢された華優希さん。その華やかで可愛らしい容姿から早くからファンの間では注目されていましたが、芝居心を感じる演技や美しい声色、舞台度胸を感じさせる佇まいも話題となっています!そんな華優希さんの成績やプロフィール、生い立ちからこれまでの活動などを振り返りながら、その魅力に迫ります!ファンだけではなく、上級生の男役さんをもメロメロにしてしまったエピソードも♪これからの活躍、間違いなしの華優希さんをチェック!

新人公演ヒロイン抜擢!華 優希(はな ゆうき)

次回の大劇場花組公演『邪馬台国の風』の新人公演で初のヒロイン役に抜擢された華優希さん。

その華やかで可愛らしい容姿から早くからファンの間では注目されていたため、その発表に喜びの声がたくさん聞かれました。
今回は、そんな華優希さんをピックアップし、気になる成績やプロフィール、生い立ちからこれまでの活動などを振り返りながら、その魅力に迫ります!!今後の観劇で、ぜひ華優希さんをチェックしてみて下さいね♪

宝塚歌劇団100期生に関する記事はこちら

華優希さんって、どんな人?

基本プロフィール

  • 出身地:京都府京都市
  • 初舞台:2014年3月 『宝塚をどり』
  • 誕生日:11月13日
  • 身長:162cm
  • 血液型:A型
  • 愛称:のぞみ、はな

音楽学校受験から、組配属まで

華優希さんは、2012年に宝塚音楽学校に入学しました。音楽学校への受験の時から、バレエのレッスンなどに一生懸命に取り組み、努力を怠らないまっすぐな性格の子だったようです。
2014年に100期生として宝塚歌劇団に入団し、宝塚歌劇100周年記念公演である『宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!』で初舞台を踏みます。入団時の成績は23番でした。同期には、すでに新人公演ヒロイン経験のある星風まどかさん・音くり寿さんをはじめ、聖乃あすかさん、風間柚乃さんなどこれからの活躍が期待される生徒が多くいます。
その後、組回りを経て、2015年に花組に配属されました。

花組配属、主な経歴

2015年、台湾公演『ベルサイユのばら/宝塚幻想曲』選抜メンバーに最下級生として参加しました。
海外公演に出演できる機会は貴重なため、下級生のうちに経験できたことは今後の大きな糧になっていくはずです。

2016年『雪華抄/金色の砂漠』では本公演で現在の花組トップ娘役・仙名彩世さんが演じるアムダリアの回想シーンを演じました。物語のキーとなるポイントでしたが、気品ある強さと葛藤や困惑をその佇まいと表情で演じ、印象づけました。
また、同公演の新人公演では、綺城ひか理さんが演じる主役・ギィの幼少時代を演じました。本公演では、幼少時代も花組トップスター・明日海りおさんが演じていて年齢の移ろいと共に心の変化を素晴らしい演技力で魅せ話題となっていました。華優希さんは、凛々しく透明感のある少年像で演じ、自然なセリフまわしとも相まって好評を得ました。綺城ひか理さんが演じたギィとの一貫性も感じられ、芝居を追求する姿勢が感じられます。
さらに、同公演で後宮の女役を演じていた華雅りりかさんが体調不良のため休演し、その代役を華優希さんが務めました。
臆することなく堂々と華やかに演じ、その美しさが目を引きました。緊急時でも力を発揮できる対応力の高さも伺えますね。

そんな活躍もあってか、2017年、花組全国ツアー『仮面のロマネスク』ではジュリー役に配役されました。水美舞斗さん演じるアゾランとのカップルが微笑ましく大好評を得ました。華優希さん演じるジュリーのアゾランへ向けた甘えたり妬いたりする態度が、文句なしに自然と可愛らしく、そんな魅力に相手役の水美舞斗さんも「可愛い!」と大絶賛だった様です。

そして、これまでの経験を経て、2017年『邪馬台国の風』の新人公演で初のヒロイン役に抜擢されました。

可愛すぎる!舞台以外の活動にも熱視線!

ドリームジャンボ宝くじ発売記念イベントに出席!

2017年5月10日に発売が開始された「ドリームジャンボ宝くじ」。今回のドリームジャンボは、宝塚歌劇団とタイアップしており、星組トップスター・紅ゆずるさんがCM出演していることでも話題となりました。華優希さんは、飛龍つかささんと共に発売記念イベントに出席しました。
華優希さんは、トークショーで「ドリームジャンボ宝くじの1等・前後賞あわせて7億円があたったら?」という質問に対して、「ヨーロッパにたくさんおうちを買って、将来、自由に行けるようにしたい」と回答しました。何とも夢がある答えですね!
イベントでは、宝塚歌劇らしいポージングを披露し、購入者限定30人にバラの花をプレゼントもあり、とても盛り上がったようです。

神々しい!中山寺「星祭節分会」での観音様姿

節分の日に兵庫県宝塚市の中山寺で行われる「星祭節分会」では若手のタカラジェンヌが参加することが恒例となっています。古くから伝わる「追儺式(ついなしき)」を現代風にアレンジした音楽法要を行いますが、タカラジェンヌがきらびやかな衣装で扮する観音様が、3匹の鬼を諭し善神に変身させるというものです。華優希さんも2016年に参加し、神々しく観音様の役を演じました。
その後の豆まきで華優希さんは、「たくさんの服をお届けしたいと思って豆をまきました。皆さんの笑顔があふれる1年にしたいです。」とコメントしています。華やかな衣装がとても似合っていて、見ているだけでも笑顔にさせられてしまいますね♪

星組スター・七海ひろきさんをもメロメロにする可愛らしさ!

星組の七海ひろきさんが自身のパーソナルブックで、人気名作ミュージカル『ミー&マイガール』の主役・ビルの扮装をしているのですが、その相手役のサリーに華優希さんが抜擢されています。
その撮影風景が宝塚専門チャンネル・スカイステージで放送されました。
華優希さんの入団後の組回りのときに、七海ひろきさんが華優希さんの可愛さに目をつけていたそうで、サリー役をお願いしたようです。
普段の宝塚の娘役らしい可愛らしさとは少し違い、元気いっぱいのサリーに見事に変身していますね♪
七海ひろきさんに撮影の感想をきかれ、緊張でほとんど言葉を発せない姿がとても初々しく、その姿に七海ひろきさんもデレデレになっていました。
華優希さんの可愛さが宝塚ファンの間で広まった大きな出来事のひとつです。

可愛らしすぎる私服にも注目!

華優希さんは、私服姿もとっても可愛いらしく、見ているだけで幸せな気持ちにさせられてしまいます。
“これぞ娘役!”というスタイルで、白やピンクを基調とし、ファーやレースの使われたアイテムを着用していることが多く見られます。白い肌に、可愛らしいファッションがよく映えています♪これからのファッションにも注目したいですね!

これからの華優希さんの活躍に期待!

これからの活躍が期待される花組娘役・華優希さんの成績や性格、これまでの生い立ちや活動などをご紹介しました。
品のある可憐な容姿はもちろん、芝居心を感じる演技や美しい声色、舞台度胸を感じさせる佇まいに今後の舞台を楽しみにせずにはいられません。男役をもメロメロにさせる娘役度の高さも恐るべし!
花組には”花娘”と呼ばれる、花組の娘役であることを誇りに思い、娘役を追求する努力が素晴らしい娘役がたくさん在籍していて、観劇していると本当に目が足りなくなりますが、華優希さんからも目が離せませんね♪

宝塚歌劇団 花組に関する記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。