アーネストインラブ チケット
Ernest in Loveの魅力が満載!あらすじと配役特集!

ついに新生花組が始動。先日トップお披露目公演の幕を無事に下ろした明日海りおさんが、新たなパートナーに花乃まりあさんを迎え、新花組トップスターコンビとしてお披露目!今回は、"Ernest in Love"の見所を紹介します。

ついに新生花組が始動します。先日トップお披露目公演の幕を無事に下ろした明日海りおさんが、新たなパートナーに花乃まりあさんを迎え、新花組トップスターコンビとして東京国際フォーラムホールCでお披露目されます!

その第一弾は軽快なリズムで進むコメディーのミュージカル”Ernest in Love“。2005年に月組と花組で上演され、その軽くテンポの良い作風から好評を得た作品が再度花組で上演となります。

今回は、観劇前に押さえておきたい”Ernest in Love”の見どころを詳しくご紹介します!

“Ernest in Love”のあらすじを再確認!

舞台は19世紀末のロンドンと、そこからずいぶん離れた田舎町ウールトン。架空の人物アーネストが原因で巻き起こる二組の男女の物語です。

田舎貴族のジャックは、セシリイの後見人ですが、道徳的な品格が要求される役割に息が詰まる思いをしていました。そのため、アーネストというロンドンに住む架空の不良な弟を作り上げ、彼が何かをしでかすとロンドンに後始末をしに行くということにして頻繁に遊びに出かけていました。しかし、ロンドンでは架空の弟に成り代わって、自らをアーネストと名乗り、自由を満喫していました。ですが、ロンドンに住む友人アルジャンに見破られ、全てを告白したところ、アルジャンも同じようにロンドンを抜け出す際は、不治の病を抱える架空の友人バンバリーを見舞いに行くということにしていると分かり、意気投合。そこで、想いを寄せているグウェンドレンにもプロポーズをし、ことの真実を伝えようとしたところ物事は思わぬ方向に進み始めました。

息抜きをしたいという欲求から生み出された小さな嘘は次第に大きくなり、色々な人を巻き込んでいくドタバタラブコメディーのミュージカルです!

複雑な説明より観た方が早いので、2005年の演劇人祭にて特別メンバーで上演されたダイジェスト版を観てみましょう!

“Ernest in Love”は歌がうまい生徒だけを集めた配役!

“Ernest in Love”は台詞が歌になって進んでいくミュージカルなので、出演生徒には歌唱力と演技力が要求される作品です。過去に上演した際は歌のうまい生徒たちを集めた配役になっていましたが、今回も心配ご無用!

主演のアーネストには、歌と演技ならこの方、明日海りおさん。貴族の令嬢グウェンドレンには、”エリザベート”の新人公演で見事にシシィを演じ、歌い上げた花乃まりあさん。アーネストの友人アルジャノンには、歌に定評があり、バウホール”フォーエバー・カーシュイン”で好評を得てから、最近ますます演技にも磨きがかかってきている芹香斗亜さん。ジャックの被後見人、セシリイには昨年の”ロミオとジュリエット”の新人公演でその高い歌唱力が絶賛された城紀美伶さん。

今回も歌のうまい生徒が中心となるので、配役を眺めるだけでも大変心強いですね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。