宝塚を長い間支えているタカラジェンヌ英真なおき大特集!

英真 なおき(えま なおき)は1982年に宝塚歌劇団に入団した、専科所属の男役のタカラジェンヌです。これまでに数多くの作品に出演し、星組から専科まで長い間宝塚を支えています。今回は英真なおきのプロフィールなどを紹介していきます!

英真 なおき(えま なおき)は1982年に宝塚歌劇団に入団した、専科所属の男役のタカラジェンヌです。

兵庫県宝塚市出身で、本名でもある「じゅんこ」の愛称で親しまれています。

これまでに数多くの作品に出演し、星組から専科まで長い間宝塚を支えているタカラジェンヌでもあります。今回は英真なおきのプロフィールなどを紹介していきます!

英真なおきのプロフィールを紹介します!

英真なおきは1980年に宝塚音楽学校に入学し、1982年に宝塚歌劇団第68期生としてに4番目の成績で入団をしています。

初舞台は花組公演の「春の踊り/アルカディアよ永遠に」で同期生と共にラインダンスを披露しました。同期生には元雪組トップスターの一路真輝や、元宙組組長の大峯麻友、タレントの朝凪鈴などが在籍していました。

初舞台後に星組に配属され、1996年に星組の副組長へ、2000年には星組組長へ就任しており、2012年には専科への移動が決まりました。これまでに出演してきた舞台の数は多く、星組だけでも50作を超えています。

これからも専科として5組の舞台で活躍を続ける英真なおきからは目が離せませんよ!

英真なおきとの交流方法!

英真なおきはこれまでに多くの舞台に立ち、多くの観客を楽しませてくれています。

宝塚には日々多くの宝塚ファンの方が舞台を楽しみにし、観劇してくれていますが、そのファンの中にはタカラジェンヌのファンクラブに参加している方もいらっしゃいます。ファンクラブは、宝塚が行っているものではなく、私設として設置されているもので、タカラジェンヌ個人につくファンクラブになります。

ファンクラブではお茶会やお茶飲み会などタカラジェンヌとの交流をする会を開催してくれることがあり、そこでは、タカラジェンヌ自らが参加してくれ、公演中の舞台の話や、歌やダンスなどを披露してくれることもあります。また、ファンクラブの企画などで写真撮影やゲーム、グッツの販売などを行う事もあり、普段は舞台上でしか見ることがないタカラジェンヌの素顔が楽しめる、ファンにとってかけがえのない時間でもあります。

専科に移動になってからも、英真なおきはお茶会を開催してくれており、貴重な話を聞けたりもします。ぜひファンになったらお茶会に参加してみてくださいね!

英真なおきの主な出演舞台!

英真なおきは様々な役をこなし、多くの舞台に出演してきました。

これまでに出演してきた舞台を一部紹介したいと思います。

星組公演はこちら!

  1. 1996年 エリザベート
  2. 1999年 WEST SIDE STORY
  3. 2001年 ベルサイユのばら2001~オスカルとアンドレ編~
  4. 2002年 中国公演 蝶・恋/サザンクロス・レビュー・イン・チャイナ
  5. 2003年 王家に捧ぐ歌-オペラ「アイーダ」より-
  6. 2009年 My dear New Orleans -愛する我が街-

専科での公演はこちら!

  1. 2012年 「天使のはしご」(星組)
  2. 2012年 「ロミオとジュリエット」(月組)
  3. 2014年 「ベルサイユのばら -フェルゼンとマリー・アントワネット編」(花組)

専科になってからは、古巣でもある星組公演が主な出演舞台となっていますが、月組や花組などへの出演もあり、これからも楽しみな舞台が増えていきそうです!

宝塚歌劇に関するオススメ記事一覧

英真なおきの舞台を見に行こう!

これまで英真なおきを紹介してきました。星組から専科への移動を経て多くの場面で活躍を続けていく英真なおきの舞台を見に行きませんか?チケットキャンプでは英真なおきが出演している宝塚歌劇団の公演チケットを取り扱っております。チケットを検索して、ぜひ英真なおきの舞台を見に行ってみてくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。