【宝塚星組・次回別箱公演】専科・轟悠理事を主演に迎えたロシア作品『ドクトル・ジバゴ』ってどんな作品なの?ファンの反応は?一緒に予習してみましょう!あらすじ・公演概要まとめ

宝塚星組が現在公演している「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA」は星組の新トップコンビ初のオリジナル作品。その後は2018年2月から中日劇場でトップコンビが「うたかたの恋」を公演し、もう一方の星組ドラマシティ組は「ドクトル・ジバゴ」を轟悠さんを主演に迎えて公演することが発表されました。「ドクトル・ジバゴ」って一体どんな作品なんでしょうか。轟悠さんはどんな役になるのでしょうか。宝塚星組「ドクトル・ジバゴ」のあらすじや公演概要などをここでちょっと予習しておきましょう!

宝塚星組『ドクトル・ジバゴ』
2月の星組DC&ACT公演は轟理事主演に決定!

現在、宝塚大劇場で絶賛公演中の星組『ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』

ナチス時代にちょうどサイレントからトーキーへの過渡期を迎えた映画界のストーリーで、映画監督と女優の大人の恋を紅ゆずるさん・綺咲愛里さんが艶っぽく演じています。

ショー『Bouquet de TAKARAZUKA』は宝塚の古典レビュー作品から楽曲を多く使用しながらも、衣装や演出を現代的に蘇らせたスタンダードなショーとなっています。特に衣装がどれも素敵だという声が多く聞こえてきますね。

そしてこの公演がクリスマスまで続き、星組の2018年は2月からスタート。トップコンビが宝塚の名作『うたかたの恋』を中日劇場で公演します。

宝塚の名古屋公演といえば長く中日劇場で公演されてきましたが、中日劇場が残念ながら2018年で取り壊しとなり、宝塚ではこの『うたかたの恋』が中日劇場ラスト公演となります。

そして中日劇場公演チームともうひとつ、ドラマシティ&ACTシアターでの別箱公演が予定されており、どなたが主演を務めるのか、どんな演目が上演されるのか、情報解禁が待たれていました。

ドラマシティのほうはなんと星組生の主演ではなく、専科の轟悠さん!演目はロシア作品『ドクトル・ジバゴ』を上演することが明らかにされました!

ドクトル・ジバゴ…?日本の演劇ファンにはあまり聞き馴染みのない作品名…。

どんなストーリーなの?主演の轟理事とタッグを組むのは誰になりそうなの…?

まだまだ多くの疑問が残りますが、ここで「ドクトル・ジバゴ」なる作品をちょっと予習してみましょう。

星組公演に関する記事はコチラ

宝塚星組『ドクトル・ジバゴ』
ロシア革命時代の愛憎劇!

原作はロシアの作家、ボリス・パステルナークによる小説で、1965年にアメリカとイタリアが合作で映画化しました。日本ではあまりポピュラーではありませんが、アメリカではアカデミー賞も受賞している名作です。

舞台は2015年にブロードウェイで上演されていますが、今回の宝塚での上演はその輸入版ではなく、オリジナル作のようですね。

「ドクトル」とは、宝塚ではお馴染み「エリザベート」でのドクトル・ゼーブルガーで分かるように、「ドクター」の意味です。和訳すると「ジバゴ医師」というところでしょうか。

ロマノフ王朝が間もなく終焉を迎えるという混とんとした時代に、自分の意思とは無関係に運命に翻弄されていく男女の恋模様を描いた作品のようです。

お互いが好きという気持ちだけではどうにもできない時代に、それでも惹かれ合ってしまう1組の男女。

強い愛情の裏には強い憎しみも存在し、ボロボロになりながらも逞しく生きていく…宝塚ファン的には、「風と共に去りぬ」の世界観が近いと捉えておくのがいいかもしれません。

宝塚星組『ドクトル・ジバゴ』
時代の変遷に生きる逞しく雄々しい男といえば轟理事

風共といえば、レット・バトラー。レット・バトラーと言えば轟悠さん。

このお髭はもう自前で生やしているんじゃないかと思ってしまうほど、超バトラーな轟理事。

キャラクターとしては強引なバトラーと「ジバゴ医師」に共通点はあまりなさそうですが、この時代の男性に共通する厳格さ、意志の強さ、惚れた女性に対する執着心というものが轟悠さんの芝居にしっかりと根付いているのかもしれません。

時代の渦に巻き込まれて絶望しながらもまた逞しく愛し、生きていく…そんな作品の主役にはやっぱり轟悠さんを起用したいのが演出家の強い思いなのか、はたまた劇団の理念なのか…。

気になるのは轟さんの相手役には星組のどなたが選ばれるのかということ。そして2番手格に値する役はどの役なのか、誰が演じるのか。

あらすじを見てみると、主人公ドクトル・ジバゴには腹違いの兄がいるようで、ジバゴ医師を助けたり導いてくれる重要な役のようです。

しかし主人公の兄ということは、轟さんの兄。星組の生徒で轟さんの兄役が務まる方がいらっしゃるのか…??

他にも、ヒロインの結婚相手やヒロインにちょっかいを出してくる富豪などもいますが、どなたも悪役寄り。それともヒロインを2番手男役が務めるのか?!

一体星組からどなたが選抜されて、どんな配役になるのかとても気になるところですね。

宝塚星組『ドクトル・ジバゴ』
ファンの声・反応は…?

誰が星ドラマシティやるのかなー♪と心待ちにしていたところ、「えっ?!理事が降臨?!」と驚いた方がほとんどだと思いますが、ファンの皆さんの反応はというと…

やはり皆さん配役予想を楽しんでいらっしゃるようですね!

先日公演した星組『阿弖流為』で見事なヒロインを演じてまたひとつトップ娘役候補へ歩を進めた有沙瞳さんが有力視されているようですが…轟さんの相手役を務めた娘役さんはトップになるというジンクスもあるので、むしろ有沙瞳さんにやってほしい!という声もあるようです( ^ω^ )

宝塚星組『ドクトル・ジバゴ』
轟悠さんと組子たちを共演させるメリット

轟悠さんといえばもう今や宝塚歌劇団の管理職ですが、いち生徒として見れば大ベテランのスターさんです。

雪組トップ時代に比べれば出演回数は抑えていますし、基本的には小劇場への出演やディナーショーを中心にお仕事されていらっしゃいますが、経験値は当然ながら高く、他の専科さんたちと特に違う点は主役をこなしてきた数です。

トップスターになれば数年後に退団していくのが宝塚の習わしですが、轟さんにあたってはトップを経験したのち専科に移り、今も主役として歌劇団を支える稀有な存在です。来月も専科さん達と月組生の数人で「神家の七人」をバウホールにて公演します

ギリシャ彫刻のような端正なビジュアルに甘くハスキーな声、深い人物描写のできる芝居力。舞台人として高いスキルを持っています。

そんな貴重な役者さんと共演できることは、若手生徒にとってこれほどの学びはありません。

作品への向き合い方、役の作り方、芯に立つことの意味など、轟さんにしか教われないものがたくさんあり、若い生徒たちに多くのことを吸収してほしいという教育の面で轟悠さんと組子たちを共演させている、という劇団の狙いは確実にあるでしょう。

一体轟チームに星組の誰が選ばれるのか、非常に楽しみですね。

宝塚星組公演『ドクトル・ジバゴ』
公演詳細

公演期間・会場

◆梅田芸術劇場シアタードラマシティ◆

  • 2018年2月4日(日)~2月13日(火)
  • 一般発売:2017年12月10日(日)
  • 全席 7,800円

 

◆赤坂ACTシアター◆

  • 2018年2月20日(火)~2月26日(月)
  • 一般発売:2018年1月7日(日)
  • S席 7,800円/A席 5,000円

 


2018年の星組のスタートは2作品とも時代物になりましたが、国も時代も違いますがどちらも激しい恋愛モノ。

名古屋のマイヤーリンクで悲恋に涙するか、大阪と赤坂でロシア革命に巻き込まれるか、2月の寒い季節にどちらで心を燃やしましょう?

宝塚星組公演『ドクトル・ジバゴ』是非お見逃しなく!

専科・轟悠さん関連のオススメ記事はコチラ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。