客席降りに、怪奇現象!? 宝塚歌劇団、噂のクリスタル宝塚を振り返る!

昨年9月に宝塚大劇場で「PUCK」と共に幕を開けた「クリスタル宝塚」ですが、年の暮れ、東京宝塚劇場で千秋楽を迎え、無事に幕が下りました。今回は、大作「PUCK」の影に隠れることなく、魅力を放った「クリスタル宝塚」について振り返ります!

昨年9月に宝塚大劇場で「PUCK」と共に幕を開けた「クリスタル宝塚」ですが、年の暮れ、東京宝塚劇場で千秋楽を迎え、無事に幕が下りました。

宝石箱をひっくり返したかのようにキラキラしていて、明るくて、眩い、タイトル通り“クリスタル”そのものでしたよね。宝塚歌劇初観劇の方にお勧めできるような、“THE 宝塚”な作品でしたね!

今回は、大作「PUCK」の影に隠れることなく、魅力を放った「クリスタル宝塚」について振り返ります!

宝塚歌劇団「クリスタル宝塚」の客席降りはいつもと違う!

舞台から客席に設置された簡易階段。これに気が付いたファンは鋭い!今回もありました。客席降り!!

幕が上がってすぐ、その時は来ました。組子が舞台上から一気に客席へ流れ込んでくるんです!! そして、ここからがいつもと違いました。時を同じくして、いつもは置いてきぼりになる2階席にも上・下の扉から組子がどっと、流れ込んできました!!

客席通路という超近距離で月組子が歌い、舞い踊る姿に客席は幕開きから最高のボルテージに達して大興奮。だって、だって、雲の上のジェンヌさんが、目の前にいらっしゃるんですよ!それに加え、その中でも超幸運な方は、ジェンヌさんと握手もできましたよね!

宝塚歌劇団「クリスタル宝塚」の音楽で怪奇現象!?

終演後、街中を歩いていても、思わず口ずさんでしまうほど、「クリスタル宝塚」のテーマ曲「CRYSTAL TAKARAZUKA」は、良い曲でしたよね!

しかし、月組ファンの中には、“クリスタル タカラヅカ~♪クリスタル タカラヅカ~♪”と歌っているといつの間にか“ファンタスティック エナジ~♪ファンタスティック エナジ~♪”と昨年の月組公演「Fantastic Energy!」のテーマ曲に乗り変わってしまうという怪奇現象が発生しました!?

実は、この耳に残るメロディーは、西村耕次先生が作曲されました。そして、「Fantastic Energy!」も同じく西村先生の作曲。どうりで、いつの間にか怪奇現象が起こる訳ですね。でも、どちらも良い曲ですよね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。