宝塚歌劇雪組・早霧せいな、咲妃みゆの「どっち?どっち?」ちぎみゆ仲良しエピソード

「ちぎみゆ」として絶大な人気を誇る宝塚歌劇雪組トップコンビの早霧せいなさんと咲妃みゆさんが、2017年のお正月のタカラヅカニュース内のコーナー「どっち?どっち?スペシャル」に出演しました。仲の良さも人気の早霧せいなさんと咲妃みゆさん。ちぎみゆが様々な質問に答えたこのコーナーから、3つのエピソードをご紹介します。

ちぎみゆの「どっち?どっち?スペシャル」

「ちぎみゆ」として絶大な人気を誇る、宝塚歌劇雪組トップコンビの早霧せいなさんと咲妃みゆさん。次回の雪組公演「幕末太陽傳」「Dramatic“S”!」での退団が決まっています。

2015年の宝塚大劇場、東京宝塚劇場でのトップお披露目公演は「ルパン三世-王妃の首飾りを追え!-」と「ファンシー・ガイ!」でした。その際のインタビューでは、それぞれ相手役について語っています。

早霧さんは咲妃さんが相手役になったことを神様からの贈り物と話し、咲妃さんも、出会いを神様に感謝すると話していました。当初からお互いを尊敬していた様子の二人。そして、これまで切磋琢磨して築いてきた信頼関係はとても強いのでしょうね。

気になる!ちぎみゆの「どっち?どっち?スペシャル」

タカラヅカスカイステージで2017年のお正月に放送されたタカラヅカニュース。その中の特別コーナー「どっち?どっち?スペシャル」では、仲の良さも人気の二人らしいやりとりがいくつも見られました。

咲妃さんの反応を面白がってからかう早霧さんや、早霧さんの言葉にいろいろな表情を見せる咲妃さんの様子には、微笑ましいという声が多く聞かれました。

そんなちぎみゆが様々な質問に答えたこのコーナーから、3つのエピソードをご紹介します。

ちぎみゆが出演した「どっち?どっち?」とは

タカラヅカニュース内のコーナー「どっち?どっち?」のスペシャルに、宝塚歌劇雪組公演「幕末太陽傳」「Dramatic“S”!」で退団する早霧せいなさん、咲妃みゆさんが出演しました。

「どっち?どっち?」は、宝塚歌劇専門チャンネル・タカラヅカスカイステージで放送されているタカラヅカニュース内のコーナーです。

タカラヅカスカイステージ

タカラヅカスカイステージは、2017年7月で開局15周年を迎える宝塚歌劇の専門チャンネルです。これまでに宝塚歌劇で上演された舞台作品などの他、オリジナル作品も多く放送されています。

タカラヅカニュース

タカラヅカニュースでは、宝塚歌劇の最新情報を日々発信しています。ニュース内にはさまざまなコーナーが設けられており、タカラジェンヌの素顔を垣間見ることができます。

「どっち?どっち?」

「どっち?どっち?」は、質問された内容に対してAかBの札を挙げて答えるコーナーです。旅行に行くなら国内か海外かなど、さまざまな質問にタカラジェンヌが答えます。どちらの目でウインクをするかという質問の後、答えた方の目でウインクをして終わるのがお決まりとなっています。

2017年のお正月に放送されたタカラヅカニュースは、特別コーナーが満載の豪華な内容でした。宝塚歌劇雪組トップコンビ・早霧せいなさん、咲妃みゆさんは「どっち?どっち?スペシャル」に出演しました。

早霧さん、咲妃さん共に、着ていたのはダークグレーと黒のシックな取り合わせ。そのままデュエットダンスも踊れそうなほどお似合いな雰囲気を醸し出していました。

10の質問に楽しげに答え、終始仲の良い様子を見せた二人。

そんなちぎみゆの「どっち?どっち?スペシャル」でのエピソードを3つ抜粋してご紹介します。

手作りのお雑煮を差し入れ 本格的な仕様に驚き

「雑煮といえば?」という質問に、すましと味噌という選択肢。早霧さんはすまし、咲妃さんは味噌を選択しました。同じ九州でも違いがあるようです。

2016年の鏡開きで、早霧さんはお雑煮が世界で一番好きだと話し、咲妃さんに対して作って欲しいとお願いしていました。

咲妃さんは、7種類の具材が入った白味噌のお雑煮を作って持って行ったそうです。

しかし早霧さんはそれを「ゆうみちゃんのお母さんが作ってくれた」と言い、咲妃さんはすぐに否定します。

教わって一から作ったと聞くと、お腹を壊したとからかう早霧さん。

お稽古後半に食べたこともあり、お餅が「へにゃー」としていたことも明かしますが、最後にはきちんと美味しかったと伝えていました。

お雑煮の差し入れというだけで驚きですが、咲妃さんはお椀や寿の箸袋に入った祝い箸まで用意してくれたそうです。本格的な内容に驚く、お正月らしいエピソードでした。

二人で観覧車 周囲から愛されるトップコンビ

「遊園地で二人で乗るなら?」という質問です。

ジェットコースターと観覧車という選択肢に、二人ともジェットコースターを選択します。回答が一緒だったことに喜ぶ咲妃さんですが、早霧さんの「早く終わる方がいい」という言葉にうなだれます。一喜一憂する姿はとても可愛らしく、からかってしまう気持ちも分かりますね。

ジェットコースターは怖いけれど好きという二人ですが、どんな種類でも好きという早霧さんに対して、咲妃さんは真下に落ちるものは苦手な様子でした。

観覧車には一緒に乗ったことがあるそうで、そのことを嬉しそうに話す咲妃さん。早霧さんはわざとでしょうか、苦い顔をしますが、すぐに笑顔になります。

全国ツアー中の名古屋で乗ったという観覧車。他の雪組の皆さんは気を遣って、二人を先に乗せてくれたそうです。

トップコンビが雪組生からも愛されているのが分かる、微笑ましいエピソードですね。

天然ではなく養殖? やりとりで溢れるコンビの魅力

「咲妃みゆの魅力は?」という質問でのエピソードです。

選択肢は笑顔、天然というニつでした。

早霧さんが「せーの」と言いますが、どちらも札を挙げません。

三回繰り返すと、咲妃さんが「これが結果です」と言い、二人は大笑いします。

自分は天然ではないと言う咲妃さんに対して、早霧さんは天然ではなく養殖だと答えます。

ヨウショクといってもいろいろな言葉がありますよね。咲妃さんはすぐにその意味が理解できなかったようだったので、早霧さんは「雪組が養殖している咲妃みゆさん」と説明しました。

咲妃さんは少し考えた後、「笑顔が魅力になれるように頑張ります」とまとめました。

早霧さんのお茶目さと、「天然」に対しての「養殖」という言葉の選択がとてもユニークですね。

そこに咲妃さんがしっかりとオチをつけ、絶妙なやりとりを見せてくれました。

退団公演でも「ちぎみゆ」に期待

2017年お正月に放送された「どっち?どっち?スペシャル」でのちぎみゆのエピソードをご紹介しました。

からかいながらも咲妃さんを可愛がっている早霧さんと、早霧さんを心の底から慕っている咲妃さん。二人の人柄や関係性が大いに伝わってくる内容でしたね。

毎公演、抜群のコンビネーションを見せてくれるちぎみゆコンビ。トップスターとトップ娘役に就任し、こうしたやりとりを通じて築いてきた信頼関係が、舞台でのあうんの呼吸に繋がっているのかもしれません。

「幕末太陽傳」「Dramatic“S”!」は、早霧せいなさん、咲妃みゆさんの二人が宝塚歌劇雪組のトップコンビとして臨む最後の作品です。数々の名作日本物公演を上演してきた雪組の人情喜劇とショーの二本立てということで、注目が集まります。

舞台上でも普段のやりとりでも、名コンビぶりを発揮してきたちぎみゆ。退団公演二作品では、今までの集大成となる素晴らしい舞台を届けてくれるでしょう。

宝塚歌劇雪組のおすすめ記事はこちら

  • 雪組『幕末太陽伝』は日本物ルパン?その理由を検証
  • 雪組トップコンビ・ちぎみゆ退団発表!”いい夫婦の日”の会見で明かされた本音
  • ちぎみゆは宝塚史に残る名カップル!?魅力に迫る!
  • 【宝塚雪組】大劇場公演「幕末太陽傳 / Dramatic “S” !」人情喜劇に挑む!
  • コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。