85期生

柚希礼音、桜一花、十輝いりすなどの生徒がいる宝塚歌劇団85期生の情報をお届け!85期生の初舞台、お茶会での様子、ファンブログ、さらには画像や舞台動画まで85期生の魅力をご紹介します!

85期生の記事一覧

宝塚雪組・舞咲りん!パワフルな歌声にセンスあふれる芝居心!頼れるお姉さま系タカラジェンヌのプロフィールをご紹介!

宝塚雪組に所属する娘役・舞咲りん(まいさき・りん)さん。85期生として1999年の雪組公演「ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台を踏み、現在研究科19年目のベテランタカラジェンヌとして活躍しています。安定した実力に熱い舞台への情熱を持つ舞咲りんさんは雪組の頼れるお姉さん的存在。今後の活躍がますます楽しみな宝塚雪組・舞咲りんさんのプロフィールや舞台経歴などを改めてご紹介したいと思います。

「レジェンド」柚希礼音!気になる!公式ファンクラブの入会方法/登録手続き/更新/特典を徹底解説!

元宝塚星組トップスター柚希礼音さんは退団後女優として活動の幅を広げています。もっと柚希礼音さんを応援したい!けど宝塚って決まりも多そうだし、ファンクラブの入会方法,登録手続き,更新,特典などよく分からないから不安…という方も多いのではないでしょうか?そこでファンクラブの入会方法,登録手続き,更新,特典をご紹介します!

星組トップコンビ!柚希礼音&夢咲ねね(ちえねね)の魅力を初期の作品から辿ってみよう!

トップスター柚希礼音と相手役の夢咲ねね。星組トップコンビの「ちえねね」ですが、宝塚史上、ベストカップルの1組と言われています。8月には相次いで退団が発表されましたが今日は初期の作品から二人の軌跡をたどってみましょう!

柚希礼音のバレエの挫折から宝塚のトップスターに帰り咲いたエピソードをあなたに!

星組男役のトップスターとして多くのファンを魅了し続けて来た柚希礼音。柚希礼音の抜群のダンス力の陰には、幼いころから習い続けていたバレエの影響があるのをご存知ですか?そこで今回は、柚希礼音の原点であるバレエに関するエピソードをご紹介します。

舞咲りんの王道娘役と言われる魅力をまとめてみた!

舞咲りんは宝塚歌劇団・雪組に所属する娘役です。「姫」のニックネームは学生時代に演じたかぐや姫役に由来しています。身長は160cmと比較的小柄で守ってあげたくなるタイプ!王道の娘役と言えます。

大海亜呼の魅力をプロフィールとファンブログから徹底分析

宝塚歌劇団5番目の組で、コーラスやアンサンブルに定評を持つ宙組。長身の男役が集まっていることでも人気の高い組です。

奏乃はるとのプロフィールから魅力を垣間見る!

奏乃はるとは1999年に宝塚歌劇団に入団し、雪組に所属している男役のタカラジェンヌです。東京都出身で、「にわ」や「はると」の愛称で親しまれて奏乃はるとはこれまでに数多くの舞台で活躍をしています今回は奏乃はるとのプロフィールなどを紹介します。

宝塚歌劇団の85期生 組配属、注目スターの画像が目白押し!

宝塚歌劇団85期生40名は、1999年に宝塚歌劇団に入団しました。実力を兼ね備えたスター揃いの85期と言われただけあり、たくさんのスターを輩出しています。85期の中から注目の女優3名をピックアップしながら、85期生の魅力をみていきましょう。

桜一花の魅力をファンブログやお茶会の様子から一挙大公開!

「いちか」の愛称で親しまれる宝塚歌劇団花組の娘役トップスター桜一花。 1997年に宝塚音楽学校に入学。1999年、第85期生として宝塚歌劇団に入団しました。初舞台は、「ノバ・ボサ・ノバ」。

十輝いりすのお茶会の様子など宝塚星組男役の魅力をご紹介!

星組へ組替え異動して二年経ち、組に馴染んできた十輝いりす。長い手足と長身が目印と言わんばかりのルックスで、包容力ある演技が魅力です。今回は、そんな十輝いりすについてご紹介します。

華形ひかるの魅力に迫る!宝塚花組男役のお茶会とは一体?

花組の中でも年長に近くなってきた華形ひかるですが、彼の存在感は年経つごとに増すばかり。派手な役所は多くありませんが、今の花組にはなくてはならない存在となっている彼に注目してみたいと思います。

宝塚歌劇団 星組 太陽王 ~ル・ロワ・ソレイユ~のあらすじをご紹介!主演の柚希礼音も注目!

5月17日(土)から6月2日(月)まで、東急シアターオーブで上演される星組公演『太陽王 ~ル・ロワ・ソレイユ~』。柚希礼音にとって2014年の2作目となるこの作品についてご紹介していきましょう。

宝塚星組トップスター柚希礼音のお茶会情報&おすすめブログを大特集!成熟した男役でさらに邁進する魅力とは!?

1