1789 バスティーユの恋人たち チケット
月組「1789-バスティーユの恋人たち-」の配役と役替り

フランスで大評判となったミュージカルがついに宝塚歌劇団月組で上演されます!先日、配役と共に役替り日程も発表され、どんどん作品の大枠が見えてきました。今回は、その配役についてじっくり掘り下げて特集します!

フランスで大評判となったミュージカルがついに宝塚歌劇月組で上演されます!

4/24(金)から始まる「1789-バスティーユの恋人たち-」は、大評判だったフランス製ミュージカル「ロミオとジュリエット」と肩を並べるほどの期待作です。本国フランスでは全国各地で上演され、ラジオでテーマ曲が流れるくらいの人気作となりました。

今回の演出は小池修一郎先生で、かつ、1本物のミュージカルというところから、この作品にかける劇団の期待ぶりもうかがえます。先日、配役と共に役替り日程も発表され、どんどん作品の大枠が見えてきました。今回は、その配役についてじっくり掘り下げて特集します!

宝塚月組「1789-バスティーユの恋人たち-」の公演概要を確認!

初日まで、まだ時間がありますが、チケット確保のスケジュールを立てるためにも、日程を今一度、確認をしましょう。宝塚大劇場、東京宝塚劇場は、以下のようになります。

  • 宝塚歌劇団月組公演
    かんぽ生命 ドリームシアター
    スペクタクル・ミュージカル
    「1789-バスティーユの恋人たち-」
    潤色・演出/小池修一郎
  • 4/24(金)~6/1(月)
    会場:宝塚大劇場
    料金:SS席 12,000円、S席 8,300円、A席 5,500円、B席 3,500円(税込)
  • 6/19(金)~7/26(日)
    会場:東京宝塚劇場
    料金:SS席 12,000円、S席 8,800円、A席 5,500円、B席 3,500円(税込)

宝塚月組「1789-バスティーユの恋人たち-」の配役は役替りに注目!

先日、主な配役が発表されましたね。こちらも一度確認しましょう!

  • ロナン・マズリエ(官憲に父親を銃殺された青年):龍真咲
  • マリー・アントワネット(フランス王妃):愛希れいか
  • カミーユ・デムーラン(革命家でジャーナリスト、ロナンの友人):凪七瑠海
  • シャルル・アルトワ(ルイ16世の弟):美弥るりか
  • マクシミリアン・ロべスピエール(第三身分出身の若い議員):珠城りょう
  • オランプ・デュ・ピュジェ(王太子の養育係、ロナンの恋人):早乙女わかば、海乃美月
  • ソレーヌ・マズリエ(ロナンの妹):花陽みら、晴音アキ

今回誰もが、役替り公演であることに驚きましたよね。二番手の男役の役替り公演はよくあることですが、今回は珍しく、娘役の役替り公演となります。

ここで注目したいのが、役替りとなるオランプ・デュ・ピュジェの役どころです。原作の「1789」は、フランス革命を軸に盛り上がり、人権宣言へと至る革命の様子を描いた物語です。しかし、その裏では、まさきさん演じるロナンと、わかばちゃんとくらげちゃん演じるオランプの恋物語の作品でもあります。

宝塚版で上演されるということは、ロナンとオランプ中心の恋物語に潤色し書き替えられることが大いに予想されます。それでこそ役替りにする意味があるのですから。そう考えると、みくちゃんとはーちゃん演じるソレーヌも気になるところですね。

役替り日程はこちらで確認できます

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。