1789 バスティーユの恋人たち 描かれる新しいマリー・アントワネット像

宝塚歌劇月組の次回大劇場公演、「1789 -バスティーユの恋人たち-」。フランス革命に散った悲恋を描く、フランスの人気ミュージカルの日本初演です。その歴史に、新たな1ページが刻まれます。

宝塚歌劇月組の次回大劇場公演、「1789 -バスティーユの恋人たち-」。フランス革命に散った悲恋を描く、フランスの人気ミュージカルの日本初演です。

この作品で何より注目すべきなのは、トップ娘役・愛希れいかさんがが演じるマリー・アントワネット。宝塚歌劇のファム・ファタールとして、ベルサイユのばらにて何度も演じられてきたフランス王妃。

その歴史に、新たな1ページが刻まれます。

月組トップ娘役が演じるのは、トップスターの相手役ではない!?

「1789 -バスティーユの恋人たち-」でトップ娘役愛希れいかが演じるのは、フランス王妃マリー・アントワネット。この配役が発表された時、ファンの間では衝撃が走りましたよね。というのも、このストーリーの主役はフランス革命へ闘志を燃やす青年、ロナン。マリー・アントワネットは、主人公のいわば敵役なのです。トップスターと娘役のラブロマンスを描いてきた宝塚歌劇にあって、これは初めての挑戦ではないでしょうか。

フランス版では、見せ場も多く、衣装もひときわ豪華で着こなしのセンスが問われるマリー・アントワネット役。この役を最大限に活かすには、トップ娘役・愛希れいかのスター性が必要だったのでしょう。ちゃぴちゃんは、その期待に答えて新たなマリーアントワネット像を確立してくれるに違いありません。

フランス版でも公演を重ねるごとにストーリーに改訂が加わっている作品ですので、今回宝塚歌劇版に合わせて小池修一郎先生が大幅なアレンジを加える可能性も高いです。マリーアントワネットといえば「ベルサイユのばら」という宝塚歌劇におけるある種の呪縛を解き放つ、101周年の先に向けての宝塚の挑戦でもあるのだと思います。

月組娘役の役替りにも注目

この公演では、近年では珍しく娘役の役替りがあります。主人公の恋人・オランプを演じるのは月組期待の娘役早乙女わかばさん・海乃美月さん。主人公の妹を演じるのは花陽みらさん・晴音アキさん。

実力のある娘役の活躍が広がるので、この役替りは素直に嬉しいです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。