Bandito(バンディート) チケット
「Bandito -義賊 サルヴァトーレ・ジュリアーノ-」の魅力!あらすじ、配役特集!

新たなヒーローが宝塚歌劇団で誕生します。作品の副題にもある「義賊」ってなんだか不思議な言葉ですよね。今回は上演前に「義賊サルヴァトーレ・ジュリアーノ」という人物がどんな人だったのか探ってみましょう!

新たなヒーローが宝塚歌劇団で誕生します。

来年1~2月に月組の珠城りょうらによって宝塚バウホールで「Bandito(バンディート) -義賊 サルヴァトーレ・ジュリアーノ-」が上演されます。今回は、ヒーローでも正義のヒーローではなく、多くの人から今も愛される悪のヒーロー、イタリア語で山賊の意味するBanditoの物語です。

作品の副題にもある「義賊」ってなんだか不思議な言葉ですよね。今回は上演前に「義賊サルヴァトーレ・ジュリアーノ」という人物がどんな人だったのか探ってみましょう!

「Bandito -義賊 サルヴァトーレ・ジュリアーノ-」のあらすじは?

舞台は第二次世界大戦の傷跡が深く残り、混沌とした状況の続く1940年代のイタリア、シチリア島。Banditoとしてその名をシチリア中に轟かせた一人の男がいました。彼の名はサルヴァトーレ・ジュリアーノ

貧困に苦しむ家族を救うために闇のマーケットに身を投じたことから山賊となったジュリアーノは、やがて群盗のリーダーとなっていきます。

そんな折、公爵夫人から強奪した指輪を取り戻したいとマフィアから仲介を受けますが、そこに現れたのは本当の指輪の持ち主だという見ず知らずの女性でした。この女性との出会いがことの始まりとなり、ジュリアーノは数奇な運命へと導かれていきます。

気になる「Bandito -義賊 サルヴァトーレ・ジュリアーノ-」の配役は?

こころなしか何かを抱えている登場人物たちが現れそうですよね。そんな気になる人物たちを誰が演じてくれるのでしょうか?それぞれ見ていきましょう!

今回、義賊と謳われたシチリアの山賊、サルヴァトーレ・ジュリアーノにはスターの華やかな雰囲気と圧倒的なダンスの存在感で現在の月組を牽引し、PUCKではボビー役で大活躍した珠城りょうさん。シチリア貴族の娘アマ―リア・ディ・ヴァッレルンガには小さな顔に長い手足で踊るダンスはいつも美しく、PUCKの新人公演で演じたヘレン役では体当たりのアドリブで役者魂を見せつけた早乙女わかばさん。シチリアで逃亡中のアメリカマフィアのヴィトー・ルーミアにはキレのあるダンスと歌が魅力的な宇月颯さん。

今回は月組が誇るダンサー中心の座組ですね。ストーリーももちろん気になるところですが、ダンスシーンにも注目できるミュージカルになるではないでしょうか。

みんなのコメント
  1. nn より:

    卯月颯→宇月颯さんですよー
    訂正お願いします┏○ペコ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。