中性的な男性像が魅力・・麻路さきさんのその包容力に注目!

元星組トップスター、麻路さきさん。現在は退団・引退をされて、ご主人と息子さんとブラジルのサンパウロに定住されていますね。麻路さきさんの魅力は、なんといってもその性格の良さ!!今回はその麻路さきさんを特集します!

宝塚歌劇団 元星組トップスター、麻路さきさん。

現在は退団・引退をされて、ご主人と息子さんとブラジルのサンパウロに定住されていますね。身長は170センチと当時大柄であっため、本人も男役を志しました。

麻路さきさんの魅力は、なんといってもその性格の良さ!!出待ちしているヅカファンにも優しかったですね。男役として包容力があり、気立てが大変よいので、歌が得意ではなかったにもかかわらず、上級生や上の人からひきたてられて、トップスターになったそうです。

男役をつきつめ、極めており、その演技には定評があります。とくに軍服姿が似合っており、「ベルサイユのばら」「風と共に去りぬ」「戦争と平和」などでその軍服姿を披露しています。「立ち姿」を魅せなければいけないため、大変だったそうですが、見事にのりきりました。

すみれコードにひっかかりそう?!迫真のラブシーン!

麻路さきさんは、男役を突き詰めているので、ラブシーンではいつも大絶叫でした。ファンが叫びに叫ぶのです。それぐらい、リアルで迫力あるラブシーンを演じておられました。

とくに演技とダンスに定評があり、ファンを大切にするジェンヌとして知られていました。艶っぽい演技で大人気の男役でした。

花組の真矢みきさんが斬新で新しいトップだとするならば、星組の麻路さきさんは、古典的なトップだということができるでしょう。

麻路さきさん出演の動画を見てみよう!

ではここで、1996年の「Elisabeth」を見てみましょう。麻路さきさんの熱唱が聞こえますね。ひきこまれる独唱です。声がずいぶん低くて、とても男らしいです。とくに演技力がすばらしく、本当に男性のように包容力がある方ですね。人気が非常に高いのもわかります。

はっきりと発音されているので、歌詞もわかりやすく、丁寧に表現されているので物語に入っていけます。歌はそれほど上手ではないと散々指摘され、自覚のあった麻路さきさん。けれどもその他の演技力でカバーして、実力でトップスターの座を掴み取りました。

宝塚時代は、まず音域を作ってから感情をいれていて、女優になってからは、心のままに発声するように変更したそうです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。