【衝撃】宝塚の夏の大シャッフル!!芹香斗亜さんが宙組に!?月組以外の4組は生徒が出たり入ったり…これによる今後の各組への影響は?

宝塚宙組の伶美うららさんをはじめとする主要娘役さんたちの大量退団発表からはじまり、宙組の次期トップコンビの発表、そして花・雪・星・宙が関わる6人の組替えも発表され、その中でも花組2番手スターである芹香斗亜さんの組替えは伶美うららさんの退団と同じくらいの衝撃を及ぼしました。宝塚をより良くするためとはいえ、星組から花組に組替えしてきてようやく花男らしくなってきたところに再びの組替え。宙組生となる芹香斗亜さんはこれからどうなってしまうのでしょうか?!

連日つづく速報の嵐にファンは動揺…

宙組の次回大劇場公演のお稽古集合日である7月6日には大きな人事発表が待ち受けているであろうことは分かっていたものの、Yahooニュースにまでアップされたほどの衝撃波だった伶美うららさんの退団に続いて更なる衝撃波が押し寄せることとなりました。

宙組次期トップコンビの発表と共に各組の人事異動でもある組替えも発表され、またもや動揺を隠しきれない宝塚ファン。

下級生の名前が多いようですが、なんといっても花組の芹香斗亜さんの組替えがいちばんの衝撃と言ってもいいでしょう。

今回の組替えでは月組だけ関わっていないようですが、他4組は今回の組替えによりどのような変化が生まれるのでしょうか?ファンの衝撃の声のご紹介と共に、また大きな変動を迎える宝塚歌劇団について考察を進めてみたいと思います!

宙組退団者に関する記事はコチラ

花組2番手スター芹香斗亜さん異動の激震と戸惑い

今回の組替えで最も大きな衝撃と言えるのが、花組2番手男役の芹香斗亜さんの組替えです。

2番手スターが組替えになった例は過去にも何度かありましたが、新しく行く組では当然ながら既に2番手さんがいるので、そのあたりの2番手争いがどうなってくるのか、ご本人同士にとってもファンにとっても、非常にナイーブな問題となります。

今回の組替えと同時に宙組の次期トップコンビも発表となりましたが、現在正式2番手である真風涼帆さんが宙組ピラミッドの頂点に持ち上がるということは、現在3番手である愛月ひかるさんも持ち上がって2番手になるのが順当です。

しかし、まだ正式2番手ではない愛月さんの前に、既に正式2番手である芹香さんが来るということは、やはり愛月さんはそのまま3番手にとどまり、芹香さんが宙組正式2番手スターとして配置されるということになるのでしょうか。

キキちゃん😨 組み替えって…😧 #芹香斗亜 #キキちゃん #花組 #宙組

A post shared by rmama (@rmama9500) on

朝夏まなとさんのサヨナラ公演となる宙組の次回東京宝塚劇場公演中に芹香さんは正式に宙組生となります。

つまり、芹香さんが宙組生になるときは愛月さんはまだ3番手。

しかしながら、芹香さんと愛月さんは同期生。既に正式2番手である芹香さんと、2番手に王手をかけている愛月さんの同期生コンビを劇団は一体どういう目的で並ばせるつもりなのでしょうか。

主要娘役大量離脱の宙組へ2名が組替え

今回発表された組替えでは、

  • 【花組】芹香斗亜(せりか とあ)さん
  • 【星組】天彩峰里(あまいろ みねり)さん

という、2名の生徒さんが宙組に入ることになっています。

天彩さんは100期生の娘役さんで、宙組次期トップ娘役に内定した星風まどかさんの同期生です。入団時の成績は5番という優秀な娘役さんで、いかにも娘役さんらしい可憐な容姿。まだ新人公演では主要キャストについたことはありませんが、要注目の娘役さんです。

しかも、真風さんのパーソナルブックで真風さんの彼女役を務めたという実績があるため、天彩さんは次期トップとなる真風さんの希望で宙組に呼ばれたのでは?という見方もあるようです。

トップコンビ含め大量離脱の雪組へも2名が組替え

現在、東京宝塚劇場で早霧せいなさんと咲妃みゆさんのサヨナラ公演が行われていますが、お2人と共に退団していくのは他に鳳翔 大さん、香綾 しずるさん、桃花 ひなさん、星乃 あんりさん、蒼井 美樹さん。

こちらも雪組をしっかりと支え続けてきた実力派の生徒さんばかり。

そんな雪組には、

  • 【花組】朝月希和(あさづき きわ)さん
  • 【星組】綾凰華(あや おうか)さん

のお2人が加入することになりました。朝月さんは96期生の娘役さんで、新人公演ヒロイン経験も2度、小劇場公演のヒロインも1度経験のある実力派です。96期生はトップ娘役さんを3人も輩出している豊作の期。桃花 ひなさん、星乃 あんりさんという将来有望だった娘役さんを失ってしまった雪組には心強い娘役さんです。

綾さんは98期生の男役さんです。星組で同期の天華えまさんと『華華コンビ』と呼ばれ、有意義なライバル関係として切磋琢磨してきた有望株。新人公演でも2番手の役を多くこなし、次こそは主演するとかなりの期待が寄せられているようです。鳳翔 大さん、香綾 しずるさんという重要キャストをこなす男役さんを2人手離すことになった雪組で大活躍してくれるはずです。

テレビ出演が続く大注目の紅組へも2人加入

宝塚歌劇団が100周年の際はメディアへの積極的な露出が多く、各組のスターさんが地上波に出演することも多くありましたが、そのような特に節目の年でもないいま、なぜかメディアへの露出が非常に増えているのが星組トップスターの紅ゆずるさん。

宝くじのCMや徹子の部屋という超メジャー級のメディアに出演して、きっと更なる新規ファンの獲得をされるであろう紅さん率いる星組にも2名が組替えします。

  • 【雪組】桜庭舞(さくらば まい)さん
  • 【宙組】華雪りら(はなゆき りら)さん

桜庭さんはこの度、星風まどかさんという初のトップさんを輩出することとなった100期生の娘役さんです。星風さんは研1の頃から大抜擢が続く超エリートコースですが、研4の娘役さんといえば本来はようやく新人公演で大きな役を与えられるようになるくらいの学年です。入団時の成績は15番。これからどんどん活躍してくるであろう娘役さんです。

宙組の華雪りらさんは見るからに美少女の98期生娘役さんです。98期生といえば初のトップさんとなる真彩希帆さんや暁千星さん、天華えまさん、瑠風輝さん、遥羽ららさんなど、新人公演主演経験者続出の期です。本公演も新人公演もまだ大きな役にはついていませんが、この組替えが意味するものは?劇団の思惑は?気になるところです。

6人のシャッフルがもたらす意味とは

宝塚歌劇団には各組70名前後が在籍していますが、その中でたった数名にのみ焦点を絞って人事異動を行うということは、必ず何らかの大きな意味を含んでいることになります。明確な目的はファンには知る由もありませんが、より宝塚を面白くするためであることは間違いありません。

今回の6人のシャッフルが今後各組でどんな影響をもたらすのか、是非しっかり見届けていきたいところですよね。特にいちばんのトピックスとなった芹香斗亜さんの組替えが宙組にもたらす効果をじっくりと観察していきましょう。

芹香さんの宙組合流は2017年10月30日付。朝夏まなとさんのサヨナラ公演である『神々の土地/クラシカルビジュー』東京公演の最中になります。そして晴れて宙組生として舞台に立つのは2018年の1月から宙組が2チームに分かれて公演するとき。

シアタードラマシティ/青年館、もしくは真風涼帆さん&星風まどかさんのプレお披露目となる東京国際フォーラム。芹香さんはそのどちらのチームに入るのでしょうか。今から既に2018年が楽しみですね!

組替え対象となったスターさんの詳細記事はコチラ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。