星組公演「LOVE & DREAM」はプリンセス妃海風がキーポイント!

2016年1月の初日に向けて盛り上がりをみせている星組公演「LOVE & DREAM」ですが、中でも気になるのがトップ娘役となる妃海風さん。彼女が「LOVE & DREAM」でどんな姿で魅了してくれるのかが、実は大きなカギとなってきます。

ディズニーとのコラボとそれに関連する星組CDの発売も決まって、2016年1月の初日に向けて盛り上がりをみせている星組公演「LOVE & DREAM」ですが、中でも気になるのがトップ娘役となる妃海風さん

ディズニーといえば、世代を問わず女性たちの憧れであるプリンセスストーリーをすぐに思い浮かべるひとも多いはず。

通常の宝塚歌劇でのお芝居よりも、娘役は重要な役割となるはずです。実力も容姿も備わった彼女が「LOVE & DREAM」でどんな姿で魅了してくれるのかが、実は大きなカギとなってきます。

「LOVE & DREAM」は娘役が大きな主軸になる

ディズニープリンセスの近年の特徴といえば、「ラプンツェル」や「アナと雪の女王」をみても分かるように、ただ待つのではなく自らの意志で行動し、道を開く女性であることです。

対して宝塚歌劇は実は、男役が中心の世界。お芝居では時として娘役はむしろ相手男役を支える側となる役割が多いもの。男役より前に出ることはほとんどありません。つまり、「LOVE&DREAM」のように娘役を従来より際立たせたレビューは、本拠地である大劇場公演では、実はなかなかできないことなのです。

そんな一見難しいと思われがちな宝塚×ディズニーというコラボを、誰もが納得したカタチにできると期待の声が多いのは、なにより双方の実力と実績という大きなベースがあるからなのでしょう。

「LOVE & DREAM」が描くプリンセスとは?

妃海さんのプリンセス、というと、かつて新人公演で演じた星組公演「めぐり会いは再び2nd」のシルヴィアを思い出す人も多いのではないでしょうか。

「LOVE & DREAM」では、王子役である北翔海莉さんとともに、映画の名シーンさながらのダンスシーンやラブシーンまで見せてくれるに違いありません。

ふたりの息のあったコンビぶりはすでに前回公演「ガイズ&ドールズ」で立証済み。芝居、歌唱力、可愛らしさと三拍子そろった彼女は、どんなプリンセス像を見せてくれるのでしょうか。もしかしたら複数のプリンセスを演じるのかも?今から楽しみですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。