[12/15 初日レポ]安蘭けい出演 舞台「ひょっこりひょうたん島」

初の舞台化で話題のひょっこりひょうたん島がいよいよ初日を迎えます。井上芳雄さんのマシンガンダンディ、安蘭けいさんのサンデー先生はどのようになっているのでしょうか?大注目の初日の様子をお届けしたいと思います・

【安蘭けい出演「ひょっこりひょうたん島」in シアターコクーン 12/15 レポート更新中】
最終更新 12/15(火) 21時00分更新

=============

初めての舞台化として話題の「漂流劇 ひょっこりひょうたん島」がいよいよ初日を迎えます。

宝塚歌劇星組のトップスター安蘭けいさんがサンデー先生、井上芳雄さんがマシンガンダンディを演じるなど、「一体どんな舞台になるのか!?」と演目発表時から注目を集めていました。

本日のシアターコクーンでの初日を皮切りに、全国各地でも公演される「ひょっこりひょうたん島」。上映時間は2時間、途中休憩はなしの予定です。

この記事では、大注目の初日の様子をお届けしたいと思います。

【12/15 公演レポ】安蘭けい出演「ひょっこりひょうたん島」in シアターコクーン 初日

ゲネプロの舞台画像

ひょっこりひょうたん島の座席表

オリジナルグッズも販売

以下3点のグッズを販売しているそうです。
・Tシャツ(S/M/L) 2,200円
・ランチトートバッグ 1,500円
・クリアファイル2枚組 500円

サンデー先生がダイナマイト・キュート

瞳子さんの美声も聞けます

前方席は客席いじりもあります

とにかく不思議な世界

こまつ座らしい、ゆるくて毒を隠さないお芝居

「ひょうたん島」をモチーフにした新たな物語

万人にお勧めはしないけど、演劇が好きなひとにはたまらない作品

昭和のギャグ炸裂!笑顔になる舞台でした

一体どんな舞台になるのか…と発表当時から話題になっていた「ひょっこりひょうたん島」。ひょっこりひょうたん島の設定は取り入れつつ、こまつ座らしいゆるくて毒を含んだ世界に仕上がっています。

「ひょっこりひょうたん島」の原作を愛している人にとっては気になる点も有るようですが、別物のお芝居としてみれば「不思議な世界感」が癖になるという感想が多く見られます。白石加代子さんのドン・ガバチョはかなり個性的なので一度見たら強烈に頭に残ります!

また、我らが瞳子さんはセクシーダイナマイトなサンデー先生を公演!キュートな演技で観客を魅了してくれました。
瞳子さんの歌も聞けますよ。井上芳雄さんともども、これまでと違った形式の舞台でしたが、好演だったようです。

また、千秋楽に向けてアドリブも進化していきそう!前方席は客席いじりもあるようですので、そのあたりのチケットをお持ちの方はぜひ楽しみにされていて下さい!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。