宙組「エリザベート 愛と死のロンド」は実咲凜音退団フラグ?

宙組が2016年に上演する「エリザベート 愛と死のロンド」。宝塚歌劇を代表する名作で、初演から20年の節目の年に9度目の上演となります。今回は、実咲凜音の退団フラグについて、ファンの声から検証してみたいと思います。

宙組が2016年に上演する「エリザベート 愛と死のロンド」。

宝塚歌劇を代表する名作で、初演から20年の節目の年に9度目の上演となります。

コーラスに定評のある宙組での大作ミュージカル。「陽」のイメージが強いトップスター、朝夏まなとが演じる「黄泉の帝王」など、宙組ファンとしては楽しみな点が多い作品ですが、ファンの頭を悩ませているのが「この作品が、トップ娘役実咲凜音の退団公演になるのでは」という不安です。

今回は、実咲凜音の退団フラグについて、ファンの声から検証してみたいと思います。

「エリザベート 愛と死のロンド」で卒業したトップ娘役

「エリザベート 愛と死のロンド」のタイトルロールである、オーストリア皇后エリザベート役。少女から老年までを演じること、印象的なナンバー、美しい衣装…そのどれをとっても、宝塚の娘役が憧れる役です。

もちろん、宝塚歌劇版なので、主役は黄泉の帝王たるトート閣下なのですが、エリザベートはいわばもう一人の主役。この役を演じることは、宝塚の娘役にとって「究極の目標」とも言えるのです。

実際に、これまでに上演されたエリザベートにおいては、1996年星組版の白城あやかさん、2003年花組版の大鳥れいさん、2014年花組版の蘭乃はなさんが「エリザベート 愛と死のロンド」にて宝塚を卒業されています。

「エリザベート 愛と死のロンド」で実咲凜音は退団?

「エリザベート 愛と死のロンド」で宝塚を去るトップ娘役も多いことから、実咲凛音さんは退団するのでは?と予想する人が増えています。

その理由は、大きく分けて3つ。「これまでもエリザで卒業した娘役が多いこと」「トップ娘役在任期間が4年になること」「エリザを演じることが、みりおんの目標でもあったこと」

みりおんがトップ娘役に就任したのは2012年。エリザベート上演時には、就任から丸4年。トップ娘役の在任は2~3年であることが多いので、そろそろ卒業するのでは…という声に拍車がかかっている状態です。

また、かねてから、みりおん自信が演じたい役としてエリザベートを挙げていました。前の相手役である凰稀かなめさんが卒業されるときにも、「りおんには、まだやりたいことがある」と言葉を残していますので、このことかな…と勘ぐってしまいます。

余談ですが、エリザベートだけでなく、ゾフィーなど大きな役を演じた生徒は退団する可能性もあります。「エリザベートへの出演」はタカラジェンヌにとって憧れですから、どうしても卒業する生徒が増える傾向がありますよね…。

トップ娘役の退団の発表があるとすれば、次の大劇場公演「シェイクスピア / HOT EYES!!」の公演期間前後ではないかと思われます。その間に、次回公演の演目が発表されれば、まだ退団しないことが確定、ということになります。2016年の1月~2月は、宙組ファンにとって楽しみかつ、ちょっとドキドキする時間になりそうです。

みんなのコメント
  1. みりおん大チュキ! より:

    みりおん辞めないで〜💧
    私、大ファンなんです!
    みりおんの写真4千円分買おうと思っているくらい!
    小学生だけど!
    宝塚入りたいなー

  2. 匿名 より:

    私の考えでは、朝夏さんと同時退団すると思います。理由は、以前 みりおんカフェ で、実咲さんが朝夏さんに「ついていきます」とかたい握手をしていたからです。ついていく ということは、最後まで、トップコンビでいる と解釈していいと思います。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。