月組公演「舞音(MANON)」でみせた愛希れいかの気迫の演技

現在宝塚大劇場で公演中の宝塚歌劇月組公演「舞音」。宝塚娘役としては主人公を惑わせるファム・ファタールな女性は難役。そんな愛希れいかのタイトルロール、マノンの姿をファンの感想とともに紹介していきます。

現在宝塚大劇場で公演中の宝塚歌劇月組公演「舞音」。

国の違い、不穏な時代と貧困、愛し合うふたりをはばむものがあまりにも多い世界で、それでもなお互いを求め続ける強い愛と運命的な絆は、若い世代を中心に涙を誘っています。

宝塚娘役としては主人公を惑わせるファム・ファタールな女性は難役。そんな愛希れいかのタイトルロール、マノンの姿をファンの感想とともに紹介していきます。

Musical
「舞音-MANON-」

グランドカーニバル
「GOLDEN JAZZ」

2015/11/13(金)~ 12/14(月)  宝塚大劇場

ちゃぴマノンの色気から目が離せない!「舞音(MANON)」

芝居の冒頭、ダンスホールで出会ったマノン愛希れいかさんに心を奪われたシャルル龍真咲さんは2人で夜行列車に乗って避暑地のホテルで一夜を明かします。

素敵なシーンですが、実はまだこの時はシャルルに彼ほど愛を感じてはいません。

しかし原作のように小悪魔的な悪意は感じられず、常識や善悪を超えたむしろただひたすら純粋な魂を持つ、子供のようなイメージです。

「舞音(MANON)」ふたりの間に立ちはだかる障害

マノンがあまりにも天真爛漫に、自分の思いのままに生きるためかえって戸惑う龍さんシャルルにもどかしさを感じるほど。

しかし終盤、そんなふたりの愛の停滞も溶けていきます

みんなのコメント
  1. YANAGI より:

    真矢さんの時から花組贔屓でしたが、大空祐飛くんを応援しているときは宙組贔屓となり、退団後は紅ゆずるさんにはまり、以来、星組贔屓となっています。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。