[ヅカヲタ@新源氏 初日レポ]みりお源氏ちなつ夕霧に萌え、ベーちゃん休演に泣く

皆様いかがお過ごしでしょうか?イルミネーションは暖色派、モーニング・ヲタ子です。去る11月27日、2015年の東京公演ラストを飾る花組の「新源氏物語/Melodia -熱く美しき旋律-」が開幕しましたね。初日がヲタ子のマイ初日となりました。

いよいよ12月。東京宝塚劇場のあります日比谷界隈、丸の内方面に抜ける並木道のイルミネーションにこころ踊る季節がやってまいりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?イルミネーションは暖色派、モーニング・ヲタ子です。去る11月27日、2015年の東京公演ラストを飾る花組の「新源氏物語/Melodia -熱く美しき旋律-」が開幕しましたね。初日がヲタ子のマイ初日となりました

(撮影:モーニング・ヲタ子)

芝居はとにかく話の展開が早く、また花組の層厚いイケメン達に目移りしている間に終了。光源氏の色気とラブシーンにメロメロになって終わるだろうと踏んでいた初回の観劇だったので、嬉しい誤算でした。ショーはショーでプロローグからエンジン全開!息つく間がありません。芝居・ショーともに、あっという間に過ぎた3時間でした。今回は、お芝居「新源氏物語」の模様をお届けしたいと思います。

「美しい」と言われて違和感ゼロの光源氏(明日海りお)

明日海りお(みりお)がトップに就任して3作目となる大劇場公演。

「みりおさんが光の君に!」と公演が発表になった時からわくわくしていたファンの方も多いのではないでしょうか?私自身、東京メトロの地下通路に大きく飾られたポスターを見る度に「はあぁ〜♡」とため息を付き、スカイステージで流れるダイジェストを見ては妄想を膨らませてきました。

そして迎えた東京公演初日。「美こそ正義」を痛感しました。美しいっていいっすね。

藤壺(花乃)と結ばれる場面は結構な時間を割いて下さって、非常にありがたかったです。「ほほほー♡」と鼻の下を伸ばしながら、押し倒し→せり下がる瞬間まで堪能いたしました。

両脇の席のお客様、おそらくそれぞれ別のスターのファンなのにもかかわらず、みり源氏のラブシーンになるとばっちり揃うオペラ上げのタイミングに、思わずにんやり。初日らしく何度か客席がほのぼのするハプニングがありましたが、それでも役が崩れないのはさすがのみりお品質でした。

大人の色香。六条御息所(柚香光)

想像以上、ではなく想定外に素敵だったのが柚香氏扮する六条御息所

普段、声が特別良い印象はない柚香氏。それなのに…美声!気品!

源氏への恋に悩む姿も生霊となり葵の上を追い詰める場面も、素晴らしかったです。これから1か月どのような進化を遂げるのか、楽しみになったスターさんの一人です。

その他のキャストもイケメン・ハマり役揃い!

頭中将を演じたあきら(瀬戸)、今まで見た中で一番ハマってました。美しいんだけど骨太で豪快な感じもあって。

そして、前作で花組デビューのちなつ氏(鳳月)。和化粧の美しさが大勢口で舞っていても際立ちます。

台詞付の出番は後半に凝縮した形でしたが、歌もよく萌えポイントもありで美味しかったのではないでしょうか?

「だぁ~れだ」をやって欲しいです。

ハプニング発生!紫の上…じゃない!久しぶりに休演ショックを味わう

楽しかった初日観劇。ですが一つ残念なことがありました。

源氏とキャハキャハ追いかけっこをする若紫(春妃)→セットの後ろに入ったと思ったら逆側から成長した紫の上(桜咲)が登場~♫というベタなバトンタッチの場面。

噂に聞く“みりべー”の絡みを楽しみにして劇場に向かったヲタ子。

いよいよ来るぞー!とオペラを構えた瞬間、登場したのは…ベーちゃん(桜咲)じゃない!!ベーちゃんがどう見ても城妃美伶ちゃんに見えるんですけど…。

桜咲彩花ちゃん、体調不良により休演だったようです。

(撮影:モーニング・ヲタ子)

幕間でようやく休演者情報に接し、がーーーーん、でした。次回の観劇では元気な桜咲紫の上を見ることができるのを楽しみにしたいと思います。

みんなのコメント
  1. ぺこちゃん より:

    沢山の大好きさんがいるので、ファンクラブに入れなぁ〜い💕

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。