宝塚男子が厳選!「エリザベート」歴代一番好きだったキャスト選手権

来年、2016年に宙組で再演される「エリザベート~愛と死の輪舞~」。今回は、過去に「エリザベート」で主要キャストを演じた方々の中から、ピエール的に最も好きだった「エリザベート」のベストメンバーをご紹介させていただきたいなと思います。

こんにちは、宝塚男子ピエールです。

来年、2016年に宙組で再演されることが発表された「エリザベート~愛と死の輪舞~」。

これまで宝塚歌劇では花組月組雪組で2回ずつ、星組と宙組でもそれぞれ1回上演され、次回で9回目の上演となる、言わずと知れた大ヒット作品です。過去のバージョンをご覧になった皆さんの中には、きっと「この役はあの人が一番好きだった!」というこだわりがあるのではないでしょうか。

ということで今回は、過去に「エリザベート」で主要キャストを演じた方々の中から、ピエール的に最も好きだった「エリザベート」のベストメンバーをご紹介させていただきたいなと思います。

【エリザベート】トートは怪しさと美声が光るあの元トップスター!

まず主役のトートは元花組トップスターの春野寿美礼さんです!

僕にとって初めて「エリザベート」を観たのが、ビデオで観た2002年の花組版でした。

その際にトートを演じていたのがこの公演がお披露目となった春野寿美礼さんで、その美声と怪しい雰囲気に圧倒されたときの衝撃は今でも覚えています。宙組版の姿月あさとさんのトートも捨てがたいのですが、ここは断腸の思いで初めて観たトートである春野さんを選ばせていただきました!

【エリザベート】エリザベートは超天然娘役!

次にヒロインの「シシイ」ことエリザベートは、2007年の雪組版でシシイを演じた白羽ゆりさんです!

シシイとして伝説になっている花總まりさんも当然頭に浮かびましたが、花ちゃんは別格すぎてエリザベート本人よりもエリザベート感があってずるいので、敢えて生で観ることができた白羽さんのシシイを選ばせていただきます(笑)。

白羽さん、パッと見は超美人なのに、喋ると超天然でそこがまた可愛いんですよね~。

【エリザベート】フランツは溢れる包容力のあの人!

続いて2番手の方や専科から特別出演の方も演じることの多いフランツ役は、白羽さんと同じく2007年の雪組版に出演された彩吹真央さんです!

フランツと言えば序盤では「若くてハンサムな皇帝」と呼ばれ、物語終盤では白髪のおじいさんになるまでを演じなくてはいけない、幅広い年齢をこなせる演技力が求められる役。

彩吹さんのフランツは若き日の貴公子的な皇帝も素敵でしたし、フランツが年を重ねるごとに包容力が磨かれていく姿も見事に演じられていて、さらには超美声で歌うフランツの優しい歌の数々が大好きでした。

【エリザベート】ルキーニは男と見間違ったあのお方!

そして狂言回し的な役割を担うルキーニは、春野さんと同じく2002年の花組版に出演された瀬奈じゅんさんです!

前述の通り初めてビデオで観た「エリザベート」がこの花組版だったのですが、プロローグで登場した瀬奈さんのルキーニを見た際、まだ宝塚のことをよく知らなかったピエールは「宝塚って男の人も出てるんだ~」と勘違いするほど瀬奈さんの男くさいルキーニはお見事でした。

瀬奈さんルキーニの「皇后本人が望んだんだぁっ!」の言い方がちょっと江戸っ子っぽくて大好きだったので、お手元にDVD等がある方は是非ご確認くださいませ(笑)。

【エリザベート】ルドルフはプリンス・オブ・軍服!

最後に宝塚ファンの中で最も人気の高い歴史上の人物の一人でもある皇太子ルドルフは、1998年の宙組版でルドルフを演じた朝海ひかるさんです!

朝海さんの演じていたルドルフは、まさに貴公子の雰囲気を纏いつつ、最終的に自害してしまう苦悩と狂気をその瞳に宿らせていたのがとても印象的でした。

男役の衣装の代表格でもある軍服を着ているルドルフですが、僕の中で最も軍服が似合う男役は朝海さんとして今でもその「プリンス・オブ・軍服」の座は揺らいでおりません!

宝塚男子ピエールさんのオススメ記事はこちら

「エリザベート~愛と死の輪舞~」が待ちきれない!

いかがでしたか?皆さんはどの方が演じたバージョンが思い出に残っているでしょうか?物語そのものだけでなく各登場人物がとても個性に溢れたこの「エリザベート」。来年の宙組版ではどなたがどの役を演じるかまだ発表になっていませんが、それぞれの役を演じた方々にとって「エリザベート」がさらなる飛躍のきっかけになり、ここからもっともっと輝いてくれることを楽しみにしております!チケットキャンプ(チケキャン)では「エリザベート~愛と死の輪舞~」を始め宝塚歌劇公演のラインナップが豊富です。ぜひ利用してみてくださいね。

ヅカファン1万人が登録!宝塚歌劇団無料メルマガ配信中!

宝塚のお得なプレゼントやキャンペーン情報も配信中♪抽選で宝塚公演のチケットが当たる!?

みんなのコメント
  1. かなめ より:

    この方は軍服専科シメさんの存在をご存じないとみた。

  2. ももこ より:

    どの方のトートもそれぞれ良かったと思いますが、ビジュアル面では彩輝直さんの妖しいトートが素敵だったと私は思います。歌はやはり歌唱力の優れた春野寿美礼さんや姿月あさとさんかな。エリザベートは気品と言うところでは花總まりさんが群を抜いているとは思いますが、人間としてのエリザベート感が気品があり高貴過ぎると思えるからでしょうか?あまり感じられなくて、私としては白城あやかさんエリザが好きかな。

  3. 米男 より:

    僕は仕事の都合で関西を離れたのであまり見てませんが…ルキーニは轟悠さんがダントツに良かった(似合ってた)と思います。

    トート、姿月さん
    エリザベート、白城さん
    フランツ、高嶺さん
    ルキーニ、轟さん
    ゾフィーは出雲綾さんがいい味出してたかな

    高嶺さんは一路さんの陰に隠れてあまり目立たなかったけど歌に演技にと安定してうまかったなと(美人だし)

    偏った意見で失礼しました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。