周りのキャラの存在が愛をさらに純化させる!月組「舞音(MANON)」

11月15日に初日を迎えた宝塚歌劇月組公演「舞音(MANON)」。主人公の恋人たちに関わる重要な人物ふたりを紹介し、物語での位置づけをみていきます。

11月15日に初日を迎えた宝塚歌劇月組公演「舞音(MANON)」。

戦乱の足音が聴こえつつあるインドシナを舞台に、主人公シャルルとマノンふたりの愛を利用しようとするもの、そして見守ろうとするもの。様々な人間関係が錯綜するストーリーです。

なかでも主人公の恋人たちに関わる重要な人物ふたりを紹介し、物語での位置づけをみていきます。

Musical「舞音-MANON-」~アベ・プレヴォ「マノン・レスコー」より~

脚本・演出/植田 景子
作曲/Joy Son

グランドカーニバル「GOLDEN JAZZ」

作・演出/稲葉 太地
2015年11月13日(金)~12月14日(月) 宝塚大劇場

ふたりの相反する人物が「舞音(MANON)」を支える

龍真咲さんが演じる主人公フランス青年将校シャルルは、インドシナの踊り子愛希れいかさん演じるマノンと恋に落ちます。

何度もマノンに「愛している」と叫ぶシャルル、しかしその愛をお互い以外で本当にわかってくれるひとはいません。

彼らの愛は孤独だからこそ、なによりもピュアなものとして進化していくのです。

「舞音(MANON)」の示す愛の形

まず凪七 瑠海 さん演じるクリストフ・モラン。

”海軍士官学校時代からのシャルルの親友”と公式で紹介されています。

シャルルを見守り、彼の行く末を見届ける狂言回しの役割といえるかもしれません。

「どうしてすべてを捨ててまで、愛するのか?」という一番素朴な疑問を抱く、観客の代弁者ともなるクリストフは、確かに「善」なる存在ではありますが、常人は「愛」にそこまで自由にはのめりこめないという現実をみせつける人物でもあります。

みんなのコメント
  1. 古ちゃん より:

    宝塚ファン歴23年です❗今まで何度も宝塚へ、公演観に行ってます。各組ごとに、それぞれのカラーがありますね❗5組全部の組が大好きです❗中でも、花組、月組、雪組、星組が大好きです。今年は、宙組以外の公演観に行きました❗印象に残っている公演は、ルパン三世、ファンシーガイ、ガイズ&ドールズ、光源氏、メロディアです😌今年12月3日に月組公演観に行きます❗2015年度最後を飾る月組公演は必見ですよね😉客席降りもあるし!タンバリン買ってショーを楽しみたいと思います❗宝塚へ行く度に、素敵で華やかで綺麗な舞台を観て、元気をもらってます❗来年2016年も、宝塚へ行きたくさんの公演を観劇するのが、楽しみでなりません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。