これで宝塚歌劇2015を総復習!「タカラヅカスペシャル2015」

宝塚歌劇の年末をいろどるスペシャルイベント「タカラヅカスペシャル2015」。今年は、新たな企画として、事前にファンから投票を受け付けて第二部でトップスターたちが歌う歌を募集していました。公演の魅力に迫ります。

宝塚歌劇の年末をいろどるスペシャルイベント「タカラヅカスペシャル2015」。

今年は、新たな企画として、事前にファンから投票を受け付けて第二部でトップスターたちが歌う歌を募集していました。

発表された曲目を紹介しながら、「タカラヅカスペシャル2015」の魅力をさらに深く掘り下げていきます。

「タカラヅカスペシャル2015 -New Century,Next Dream-」

  • 監修・構成・演出/石田 昌也
  • 構成・演出/中村 一徳、稲葉 太地
  • 2015/12/19日(土)~ 12/20(日)梅田芸術劇場メインホール

「タカラヅカスペシャル2015」二幕でトップスターが歌う曲目

”各組トップスター歌唱ソロ曲
(専科)轟悠   「愛の讃歌」(宝塚定番のシャンソンより)
(月組)龍真咲  「僕こそミュージック」(ミュージカル「モーツァルト!」より)
(雪組)早霧せいな「ルパン三世のテーマ」(「ルパン三世」より)
(星組)北翔海莉 「JUMP!」(「オーシャンズ11」より)
(宙組)朝夏まなと「世界に求む」(「王家に捧ぐ歌」より)”
(引用:宝塚歌劇公式サイト)

これらファンにとって観劇した演目の歌は、その時の感動を揺り起こしてくれて、外せないものですね。

「タカラヅカスペシャル2015」からみるトップスターの位置

雪、星、宙の曲はそれぞれ、これまで演じてきた役のものなので理解できますが、意外なのが月組トップスター龍真咲さんの「僕こそミュージック」

宝塚の演目ではありませんが、これは専科の轟さんを除いて、龍さんが2015年スペシャルでのトップオブトップであるからこそかもしれません。あえていうなら、龍さんを語る上でこの先ずっと欠かせなくなるであろうミュージカル「1789」と同じ小池修一郎先生つながりでしょうか。

そして轟さんの「愛の賛歌」は、宝塚歌劇ゆかりの作詞家、岩谷時子さんが書き下ろした歌詞で有名になった宝塚を象徴するシャンソン。演目で縛られない、まさに宝塚歌劇全体を象徴するジェンヌの轟さんらしいですね。

少しずつみえてくる「タカラヅカスペシャル2015」の概要

どんなものが出てくるかわからないワクワク感も素晴らしいですが、今回のようにファンの意見が反映される部分があるのもまた違う楽しみ方が見えてきます。

今年が宝塚という自分の愛している場所からみてどんな2015年だったのか、ファンもジェンヌたち自身も振り返るきっかけとなる、「タカラヅカスペシャル2015」。ますます期待が高まりますね!

タカラヅカスペシャルの他のオススメ記事

「タカラヅカスペシャル2015」がどうしても観たい!

二番手同士のコラボ?など通常では考えられない組み合わせがあるのもうれしい「タカラヅカスペシャル2015」。チケットキャンプ(チケキャン)では宝塚歌劇公演「タカラヅカスペシャル2015」のチケットも取り扱っていますよ。どこにももうチケットがない…!と嘆く前にこちらで、希望の時間の席があるか探してみてはいかがですか?

ヅカファン1万人が登録!宝塚歌劇団無料メルマガ配信中!

宝塚のお得なプレゼントやキャンペーン情報も配信中♪抽選で宝塚公演のチケットが当たる!?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。