新生宙組の魅力に溢れた全ツ「メランコリック・ジゴロ」を振り返る

こんにちは、宝塚男子ピエールです。先日千秋楽を迎えた宙組全国ツアー公演「メランコリック・ジゴロ/シトラスの風Ⅲ」。今回は、この全国ツアー公演から感じた朝夏まなとさん率いる新生宙組の魅力について語らせていただきたいなと思います!

こんにちは、宝塚男子ピエールです。先日千秋楽を迎えた宙組全国ツアー公演「メランコリック・ジゴロ/シトラスの風Ⅲ」。

ピエールも八王子公演で実に数年ぶりの全ツを観劇してまいりました。もうこれは本当に文句なしに楽しかった!という公演でした。

作品自体も素晴らしかったのですが、新生宙組のこれからが本当に楽しみになる、未来を感じさせてくれる公演だったと思います。

ということで今回は、この全国ツアー公演から感じた朝夏まなとさん率いる新生宙組の魅力について語らせていただきたいなと思います!

抜群の相性が光るチャラリオンコンビ!

「チャラ男」として名高いまぁさまと、「みりおん」の愛称で呼ばれる実咲凜音さん。

僕はかくかくしかじかで実咲さんのことを「みりおん店長」と呼んでいるのですが、さらに言うとこのコンビを「チャラリオンコンビ」と呼んでいます(笑)。

この2人の愛称がとにかく素晴らしい!包容力のあるまぁさまと、トップ娘役としての経験も先に積んできたみりおん店長は、おそらく現在の5組の中でもカッコイイ大人の男女を演じさせたら随一なのではないかと。

かと思ったらみりおん店長は今回の「メランコリック・ジゴロ」のフェリシアのように妹キャラを演じても最高に可愛く、それに振り回されるまぁさまの姿もとても微笑ましくなります。

花組の若手時代にもコンビを組んでいたりしたこともあり、抜群の相性を感じるこのお二人はきっといろんなタイプの作品がハマると思うので、これからこのチャラリオンコンビで作り出される作品をあれこれ想像すると本当にワクワクします!

「陽」のまぁさまと「陰」の真風くん!

前回の大劇場公演「王家に捧ぐ歌」で宙組の一員となった真風涼帆さん。とは言え、まぁさまと真風くんがガッツリ芝居で絡んだのはこの「メランコリック・ジゴロ」が初めてでした。

まぁさまと言えば宝塚における「チャラ男」の名を欲しいままにしているトップスター。男役のタイプを「陽」と「陰」の二つに分類すると、間違いなく「陽」の魅力に溢れた方だと思います。

一方で真風くんと言えば男の哀愁漂う「陰」の魅力を持つスター。トップと2番手がこの「陽」と「陰」の対極的な魅力を持った2人で構成されていると、お互いの魅力が何倍にも引き出され合うのです。

その証拠に、今回の「メランコリック・ジゴロ」では、特に真風くんはそれまでのクールなイメージから一転、その軽妙な演技はチャラ男のまぁさまから何かの研修を受けたのではないかと思うほど (笑)。これからの作品でもこのお二人がどんな化学反応を見せてくれるか楽しみでなりません!

みんなのコメント
  1. カンコ より:

    宝塚男子ピエールさま
    いつも楽しく拝読しています。
    劇場では以前よりも男性のお客様が増えたと感じますが、私の周りに宝塚好きな男性がいないので、コメントがとても新鮮に感じます。
    さてさて、先日、宙組の地方公演、メランコリックジゴロの感想について、真風ファンとして、どうしても訂正させていただきたい‼︎ところがありコメントを送らせて頂きます。
    どうぞお気を悪くなさらずお読みくださいね。
    私は真風くんを星組のほんの下級生の頃からずっと応援しています。
    まさに成長を見守って来ました‼︎
    こんなに順調にお役を頂いて良いのかと言うくらい、下級生の頃から抜擢が続き、もう心配しながらもその都度成長する真風くんに改めて惚れ直す、この繰り返しでここまで来ました‼︎
    そんな真風くんの、魅力って、実は三の線なんですよね‼︎
    あのいでたちからすると宝塚の男役スターとして当然持っているべき魅力満載、カッコ良い、素敵、シブい、などなどありふれた賛辞の言葉…
    でもね、真風くんにはそれプラス、天性のコメディセンスがあるんですよ‼︎
    だからメランコリックジゴロは生で観たかったなぁ‼︎
    上手く出来てて当然っしょ‼︎
    まあさまの研修なんて受けてないはず‼︎
    イヤ、逆かもよ‼︎
    それか、2人の持ち味の相乗効果でノリノリだったんじゃない⁈
    良かったら昔の星組のDVDもチェックしてみてね‼︎
    そしてこれからも真風くんをどうぞよろしく‼︎
    すっかり興奮してごめんなさい‼︎
    これからもピエールさまの回を楽しみにしてます‼︎

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。