【ヅカヲタ流】どんな作品でも5倍楽しめる方法 (前編)

宝塚を愛する皆様、こんにちは。モーニング・ヲタ子です。101年目の宝塚もゴールが見えてきたこの時期、来年の公演予定作品が続々と発表になっていますね。"観劇日"、"発売日"、"お茶会"…と早くもスケジュール帳が埋まり始めている方も多いのではないでしょうか。

宝塚を愛する皆様、こんにちは。

モーニング・ヲタ子です。

101年目の宝塚もゴールが見えてきたこの時期、来年の公演予定作品が続々と発表になっていますね。

“観劇日”、”発売日”、”お茶会”…と早くもスケジュール帳が埋まり始めている方も多いのではないでしょうか。

今年を振り返ってみると、人気アニメを舞台化した「ルパン三世」、日本初演となった「1789」。そして夏以降、「王家に捧ぐ歌」「ガイズ&ドールズ」と人気ミュージカルの再演が続いています。

これ以外にも、江戸モノあり、話題の脚本家による書き下ろし作品ありと、今年も例年に違わずバラエティ豊かなラインナップとなりました。

顔を黒から白へ白から黄色へ塗り替え、ベタベタな恋愛モノからコテコテのコメディまでバラエティ豊かな舞台を見られるのが宝塚の醍醐味

「次の公演はどんな風になるのかしら?」
「ポスター見たけど楽しみすぎる〜!」

と観劇のだいぶ前からワクワクしてしまいますよね。

もしも好みじゃない作品に出会ったら…

とは言うものの宝塚観劇をライフワークとしておりますと、「好みじゃない作品」に出会ってしまうことがあるのもまた事実。

「ショーが好きで通いたいけどお芝居が若干退屈…」
「1本モノなんだけど内容がなくて…。それだったら普通にショーをやってくれれば」
「あぁ…このセンセ(演出家)苦手なんだよね→(観劇後)やっぱり苦手だわ」

なーんてコトは、どんな宝塚ファン・ヅカヲタさんでも経験することです。

100人いれば100通りの「理想の宝塚」があるので、万人にウケる公演と言うのは無理な話ですから。

舞台開始後すぐに「あ、これは…orz」と気づいた場合。

また、ご贔屓が出るからと張り切って複数公演確保したのに初見で己の”判断ミス”に気づいた場合。

「やば!これは寝る…」
「コレ、あと5回くるのか…」

と悩むなかれ。

どんな作品でも、楽しめる方法は必ずあるのです。

ヅカヲタ流・どんな作品でも満喫する方法(王道編)

今回は、どんな作品でも目一杯楽しむための王道をご提案します。

その1 ひたすらご贔屓を見る

定番のの乗り越え方。

特定のご贔屓がいる方は、ご贔屓を見つめ続けるが良いでしょう。

スポットを浴びていないとき、ガヤ芝居で共演者とワイワイしているときなど、”面白い作品”じゃないからこそ&ストーリーを追わないからこそ、ご贔屓の新たな一面に出会えます。

オペラグラスが通常とは違う動きをするのはご愛嬌。熱中しすぎて周りのお客様の視界を遮らないように気をつけたいところです。

その2 Let’s 青田買い!

宝塚の舞台で役や台詞がつくのは、ピラミッドの上の方の生徒ばかり。

研1〜研2さんなど超若手に注目する機会はなかなかありませんよね。

そんな時は、下級生の可愛い子を探すチャンスです。

1幕目で後ろの方でがんばっているキラキラの下級生を見つけ、幕間にパンフレットやおとめで個人を特定、2幕で「ウォーリーを探せ」よろしくその下級生を探す。

パレードでその子に特別の拍手を送ってみる(自己満足)などなど。

スカステやDVDで過去の映像を見て、「あ、○○さんロケットしてる!」とか「いた!一瞬映ったけど絶対△△ちゃん!」とかやっているタイプのヅカヲタさんにオススメです。

初々しいその姿に、こころが洗われます。

皆様は、好みじゃない作品に当たった時、どう”楽しい観劇”に持っていっていますか?

次回は、もう1歩踏み込んだ…というか踏み外した方法をいくつかご提案いたします。

どうぞお楽しみに。

ではまた来週!

▶個人ブログ「ヅカヲタ☆イラストレーターの日常」はこちら

☆ヅカヲタの日常 LINEスタンプ販売中☆

▶LINESTOREは、こちら

モーニング・ヲタ子さんのオススメ記事

宝塚観劇は奥が深い!

チケットキャンプ(チケキャン)では全宝塚歌劇公演のチケットを扱っています。リクエスト機能はもちろん定価以下チケットもあるので。ぜひチェックしてみてくださいね。

ヅカファン1万人が登録!宝塚歌劇団無料メルマガ配信中!

宝塚のお得なプレゼントやキャンペーン情報も配信中♪抽選で宝塚公演のチケットが当たる!?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。