宝塚大劇場の夢の世界を壊さないトイレマークがお洒落すぎる件!

宝塚歌劇の公演は2幕に分かれており、長丁場を乗り切るのに一番重要とも言える設備が、お手洗いですよね。宝塚歌劇の劇場は、そんなトイレまで夢の世界!とくに「トイレマークの表示がヅカ」ということで話題になっているんです!早速まとめてみました。

見るものを夢の世界に誘う宝塚歌劇の世界。公演は2幕に分かれており、幕間休憩30分込みでトータル3時間というのが定番です。そんな長丁場を乗り切るのに一番重要とも言える設備が、お手洗いですよね。

宝塚歌劇の劇場は、そんなトイレまで夢の世界!とくに「トイレマークの表示がヅカ」ということで話題になっているんです!早速まとめてみました。みなさんも、観劇の際にはぜひチェックされてみてくださいね。

「男役?」「男役の女役?」ヅカファンのほうが惑わされるトイレマーク

みなさん、トイレマークはどんなものを想像されますか?たいてい、赤と青の丸と三角の組み合わせを想像されるのではないでしょうか。

しかし、宝塚はひと味違います!どれも男役・娘役を意識したエレガントなマークなのです。

ただ、ヅカファンにとっては「男役も女性だよね…?」「これは、スタイル的に男役が扮した女役…」と深読みしすぎて混乱してしまいますね。笑 

個人的には、ミー・アンド・マイガールのジャッキーに見えます…。

宝塚のトイレマークにダウンタウン松本さんもびっくり

この宝塚のトイレマークについては、ダウンタウンの松本さんがテレビで取り上げて話題になりました。松ちゃん、雪組の「ルパン三世」を観劇されてその内容に驚いた!というのをいろいろなところで発言してくださっていますよね。

そんな松ちゃんが見せるトイレマークのモノマネも妙に面白いんです。あまり宝塚に馴染みがないからこそ、その夢々しさに驚かれた墓でしょうか。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。