雪組「哀しみのコルドバ」はロマンティシズムあふれる悲劇!

宝塚歌劇公演雪組全国ツアー公演「哀しみのコルドバ」。 1985年に峰さを理さん率いる星組によって上演されてから、何度か再演を繰り返している名作です。

宝塚歌劇公演雪組全国ツアー公演「哀しみのコルドバ」。
1985年に峰さを理さん率いる星組によって上演されてから、何度か再演を繰り返している名作です。

マタドールの壮絶な生き様と、幼馴染との悲恋を描いたこの舞台を早霧せいなさん、咲妃みゆさんのコンビがどのように自分のものとしていくのか。
作品のあらすじと今の雪組ならではの、みどころを紹介していきます。

  • ミュージカル・ロマン
    「哀しみのコルドバ」
    作/柴田 侑宏 演出/中村 暁
    バイレ・ロマンティコ
    「La Esmeralda(ラ エスメラルダ)」
    作・演出/齋藤 吉正

公演期間:2015年11月21日(土) – 12月13日(日)(全国ツアー)

王道の宝塚男役がみられる!「哀しみのコルトバ」

「哀しみのコルトバ」の舞台は、スペインマドリッドやコルドバ。
マタドール(闘牛士)が主人公で、周囲を取り巻く登場人物もハードな感情のぶつかりあいがメインの物語です。

黒塗り衣装で生と死のライン上を常に歩き続ける男たちの悲壮とも思える生き様。
そんなギリギリで生きる男役像を雪組生たちがどんな風につくりあげるのか、期待大です。

大劇場公演ルパン三世で宝塚に初めて足を踏み入れた新しいファンや、日本物コミックの舞台化「るろうに剣心」が待ち受けている雪組としては、ダンディズムと野性味が混ざり合った「コルドバ」は、レアな作品といえるかもしれませんね。

「哀しみのコルドバ」は周りの登場人物も熱い!

コルドバの登場人物は、主人公エリオとヒロインエバ、そしてふたりの間のいわば壁となる存在、ロメロ。

しかしエリオの婚約者、師匠、仲間たち…そしてロメロでさえ実は悪人がひとりもいないことにすぐに気づいてしまいます。

自分に正直に生きることで起こる軋轢や、生き方のすれ違い。
周囲の誰かが悪いわけではなく、運命が彼らを変えてしまう過程がやるせなく、それでもなお愛する家族や仲間さえも捨てさせてしまう愛が観客の胸を打ちます。

「哀しみのコルドバ」を支える謎にも注目!

「コルドバ」が歴史に残る名作となった理由は、ネタばれになるので詳細は語れませんがそのまま主人公ふたりの悲恋の理由に直結しています。

これから初めて「コルドバ」を観るという方は、ファンの方のブログなどで調べずに、ちぎみゆの貫く純愛の重さ、確かさを舞台上で感じ取ることで、より感動の重さを実感できることと思います。

宝塚歌劇雪組の他のオススメ記事

「哀しみのコルドバ」、雪組のお芝居を堪能したい!

チケットキャンプ(チケキャン)では全国ツアー「哀しみのコルドバ」をはじめ宝塚歌劇雪組公演を取り扱っています。大劇場ではなかなか上演しなくなってしまった宝塚王道の濃厚な芝居を楽しめるのも全国ツアーの醍醐味。ぜひ観劇のチャンスを逃さないでくださいね!

ヅカファン1万人が登録!宝塚歌劇団無料メルマガ配信中!

宝塚のお得なプレゼントやキャンペーン情報も配信中♪抽選で宝塚公演のチケットが当たる!?

みんなのコメント
  1. チロル より:

    チギちゃんが一番やりたかった公演なのでとても素敵だとおもいます

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。