【随時レポ】月組バウ公演「A-EN」朝美絢Ver 初日公演が開幕!!

宝塚歌劇 月組バウホール公演「A-EN(エイエン)」がいよいよ初日を迎えます。月組期待の若手、あーさこと朝美絢さんと、ありちゃんこと暁千星さんのW主演。それぞれの主演公演で出演者もストーリーも違うという、チャレンジングな公演の初日レポをお届けします!

【宝塚歌劇 月組バウホール公演「A-EN(エイエン)」初日(朝美絢主演) レポート随時更新 2015/8/29】
最終更新 8/29 (土)18時00分更新

=============

宝塚歌劇月組バウホール公演「A-EN(エイエン)」がいよいよ初日を迎えます。

月組期待の若手、あーさこと朝美絢さんと、ありちゃんこと暁千星さんのW主演。それぞれの主演公演で出演者もストーリーも違うという、チャレンジングな公演です。

それぞれの公演期間は以下のとおり。

  • 8/29(土)~9/7(月)朝美絢 主演
  • 9/14(月)~23(水) 暁千星 主演

本日から開幕する朝美絢さん版は、

学園一の「ツンデレ美男子」アーサーがうだつの上がらない残念女子と出会い、プロムに向けて究極の美少女にする為に「レッスンする」”
(引用:宝塚歌劇公式)

というストーリー。朝美絢さんの役名も「アーサー」ですし、「うだつの上がらない残念女子」を演じる 紫乃 小雪さんの役名も「ヴァイオラ」。登場人物の名前まで演出の野口 幸作先生の愛がたっぷり詰まったこの公演。お芝居もショーも楽しめる、一粒で二度おいしい作人がどのように仕上がっているか楽しみですね!

今回は、月組バウホール公演「A-EN(エイエン)」の初日の公演レポートをお届けします。

【初日公演レポ(お芝居)】月組バウホール公演「A-EN(エイエン)」初日(朝美絢主演) 【2015/8/29】

とうとう始まったA-EN。初日には、ドランゴンナイト組の上級生も多数ご観劇されていた様子です。月組のあたたかさを感じますね。あーさ達出演者も、心強かったことでしょう。

「あーさのため」としか思えない演目

宝塚の舞台でも近年稀にみる「リアル少女漫画」の世界を完璧に体現してくれました。

朝美・紫乃の胸キュンシーンが沢山

先生コンビも笑わせてくれます

ラストダンス組合せ

【初日公演レポ(ショー)】月組バウホール公演「A-EN(エイエン)」初日(朝美絢主演) 【2015/8/29】

まるで本公演のショー!それをどの場面もこなすあーさの魅力にくらくらです

そして、野口先生のショーに対するこだわりを感じます。客席おりも合ったようです!

野口先生の脳内のあーさは…

なんだか、「花詩集」新人公演の黒い薔薇の妖しいあーさの場面を思い出しますね。

安定のまゆぽんから、下級生の大抜擢まで

男役二番手を輝月ゆうま(まゆぽん)さん、3番手を夢奈 瑠音さん、そして100期生の風間 柚乃さんと101期生の天紫 珠李さん…普段の新人公演以上に若手の大抜擢が続き、組ファンは嬉しかったことでしょう!

下級生までダンスキレキレ

あさまゆの同期コンビの魅力もふんだんに

スタオベにあーさが涙

初主演公演の初日。会場の盛り上がりを象徴するスタオベに、思わずあーさも泣いてしまったようです。

まとめ:野口先生最高

新たなショー作家の誕生ですね!

「野口先生最高!」「月組生の魅力が堪能できる」「キャラが濃すぎ!」と、期待を裏切らない評価の多い「A-EN」初日。下級生だけの公演だからこそ、現代的な高校生のラブストーリーがしっくりきます。壁ドンもあり、かなりくさいセリフも多いのですがそれもあーさが言うとキュン…としてしまうので、本当に宝塚は魔法をかけてくれる場所です!

公演期間が短いのが悲しすぎますね。お芝居もショーもこなれてきて、これからどんどん舞台のボルテージも上がってくることでしょう。芝居の月組ならではの、人数の少なさを感じさせないアツいコメディーに笑い、若手ばかりとは思えない完成度のショーにうっとりし、最高の時間を過ごすことが出来ます。これは、アリちゃんバージョンとの比較も楽しそうですね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。