宝塚男役に必要な「目力」とは?目力で魅了するジェンヌも紹介!

宝塚歌劇のタカラジェンヌにとって、特に男役においてその魅力の武器となる要素のひとつとして常に挙げられるのが「目力」です。絶大なファンの「落とし」力を発揮する「目力」。そのテクニックを持つ「目力」ジェンヌを独断と偏見で紹介していきます!

NEW!!>>宝塚歌劇倶楽部をLINEで購読しましょう!
>>LINE友達追加はこちらから
友だち追加数
LINE友だち追加の詳細はコチラ
—————————————

宝塚歌劇のタカラジェンヌにとって、特に男役においてその魅力の武器となる要素のひとつとして常に挙げられるのが「目力」です。

場合によってはあまりアドリブが許されない芝居よりもむしろショーにおいて、絶大なファンの「落とし」力を発揮する「目力」。

そのテクニックを持つ「目力」ジェンヌを独断と偏見で紹介していきます!

宝塚歌劇の公演で「目力」が使われる場面(シーン)とは?

宝塚歌劇のショーには必ずといってよいほど銀橋を渡りながらの客席へのアピールタイムや、全国ツアーで多くみられるように大勢で客席降りをしてファンと触れ合ったり、目線を交わしあうシーンが盛り込まれています。

これはファンにとっては何物にも替えがたい至福の瞬間。

またジェンヌの側にとってもファンからの熱い視線は、応援の証しとして心強いものでしょう。

目力ジェンヌといえばこの方!

まず目力といえばこのひと、専科からは轟悠さん。

その大きな瞳から発せられる圧倒的な迫力は他の誰とも違う轟さんならではのゆるぎない個性となっています。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。