宝塚宙組公演「王家に捧ぐ歌」実咲 凜音アイーダの迫力に注目!

宝塚歌劇宙組新トップお披露目公演「王家に捧ぐ歌」。怒涛のラストシーンで感動の涙を誘う朝夏まなとさんはさることながら、相手役として彼女を支えつつトップ娘役の貫録をみせる実咲 凜音さんに今回は注目してみました。

NEW!!>>宝塚歌劇倶楽部をLINEで購読しましょう!
>>LINE友達追加はこちらから
友だち追加数
LINE友だち追加の詳細はコチラ
—————————————

宝塚歌劇宙組新トップお披露目公演「王家に捧ぐ歌」。

劇場を東京に移して宙組生たちそれぞれの演技もますます深みと磨きがかかっています。

怒涛のラストシーンで感動の涙を誘う朝夏まなとさんはさることながら、相手役として彼女を支えつつトップ娘役の貫録をみせる実咲 凜音さんに今回は注目してみました。

宝塚宙組公演「王家に捧ぐ歌」

  • 東京宝塚劇場
  • 2015年7月31日(金)~ 8月30日(日)

「王家に捧ぐ歌」舞台を支えているのは実咲 凜音アイーダ!

「王家に捧ぐ歌」は12年前の初演からの再演となりますが、注目されていたのが朝夏まなとさんの相手役となる実咲 凜音さんのアイーダ

原作となるオペラではタイトルロールともなっている、物語を動かす重要な役柄です。

初演ではアイーダは安蘭けいさん。当時の二番手男役スターが演じていたこともあって、同じような激しい演じ方は難しいことから彼女自身のアイーダをどう演じるかに注目が集まっていましたが、大劇場公演が終わってからもその評判は上々のようです。

「王家に捧ぐ歌」愛をテーマにした極限の状況が涙を誘う

キャスティング発表当時は心配の声も聞かれましたがふたをあけてみると、控えめでありながらなおかつ朝夏さん演じるラダメスへの愛がなによりも強い女性でした。

この世界への憤懣、愛する人ですら自分の考えをわかってもらえないという絶望すらきちんと演じ分けている実咲さん独自のアイーダが完成していたのです。

みんなのコメント
  1. 匿名 より:

    あんまり実咲さん好きじゃないんですか??
    愛希さんの記事のときはほぼちゃぴちゃんで書いてあるのに今回のは実咲さんって書いてますよね?
    アプリにもなっているものであんまり温度差だすのは良くないんじゃないかな?と思います^^;

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。