感動と絶賛の嵐!「星逢一夜」の進化の可能性

7/17に開幕してからファンの間で、号泣してしまうと騒然となっている宝塚歌劇雪組公演「星逢一夜」。ちぎみゆコンビの雪組で語り継がれる名作となるであろう今作のみどころと、東京公演千秋楽までの間に雪組がどう進化するのかを予想していきます。

NEW!!>>宝塚歌劇倶楽部をLINEで購読しましょう!
>>LINE友達追加はこちらから
友だち追加数
LINE友だち追加の詳細はコチラ
—————————————

7/17に開幕してからファンの間で、号泣してしまうと騒然となっている宝塚歌劇雪組公演「星逢一夜」。

ちぎみゆコンビの雪組で語り継がれる名作となるであろう今作のみどころと、東京公演千秋楽までの間に雪組がどう進化するのかを予想していきます。

ミュージカル・ノスタルジー 「星逢一夜(ほしあいひとよ)」

  • 作・演出/上田 久美子

バイレ・ロマンティコ 「La Esmeralda(ラ エスメラルダ)」

  • 作・演出/齋藤 吉正
  • 7/17-8/17(月) 宝塚大劇場
  • 9/4(金)-10/11(日)東京宝塚劇場

「星逢一夜」にファンが魅せられた理由

まずこの舞台を取り巻く悲劇とそれだけではない雰囲気に、一気に引き込まれます。

また芝居が始まる前からの細やかな演出が光ります。

ごめん、おばちゃん、もう幕開きの音楽が流れ、星の灯りを手にした雪組の皆様が天の川の流れのような形をつくり、流れるように動いておられる時点で、既に泣きそう・・。哀しい予感が走る旋律です・・
(引用:代取マザー、時々おとめ)

「星逢一夜」の伝えたいこと

「星逢一夜」は主演三人の恋と友情のような情愛を交えた話になります。

演出家上田久美子先生がこれまで描いてきた「月雲の皇子 」、「翼ある人々 」と関係性だけを取り出してみると似ていると感じる方もいるかもしれません。

しかしそこより更に一歩先に踏み出していることがわかります。

厳しい世の中に三人が翻弄されているわけではなく、なにより主人公である早霧せいなさん演じる晴興は自ら望んで、幕府の重鎮とでも言うべき存在にまで上り詰め、幼い頃の思い出と咲妃みゆさん演じる泉への想いを胸にしまったまま、望海さん演じる源太とどうしても対峙せざるをえなくなるのです。

みんなのコメント
  1. オバメイ より:

    三回観劇してきました。回を重ねる毎に深いところまで理解できたように思いました。早霧さんをはじめ幼少期の役を雪組の皆さんがとても可愛らしく演じていらっしゃいました。本当に子どもに見えました。また、九州のなまりも、さすがでした❗️

  2. 春菜 より:

    皆さんの演劇が最高でした

  3. K_KN より:

    観劇した時はもう号泣でした!
    雪組の皆さんありがとうございました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。