安蘭けい出演舞台「ひょっこりひょうたん島」最新情報

「ひょっこりひょうたん島」が12月に舞台化することが発表されましたね。サンデー先生役として元宝塚歌劇星組トップスターの安蘭けいさんが出演。今回は、舞台「ひょっこりひょうたん島」の最新情報をお届けします。

「な~みをチャプチャプ、チャプチャプかきわけて~」というテーマ曲でお馴染みの、井上ひさしさんの作品「ひょっこりひょうたん島」。NHKの人形劇の代表作として、小さいころ夢中になって見ていた…という人も多いのではないでしょうか。

なんと、この「ひょっこりひょうたん島」が12月に舞台化することが発表されましたね。

ひょっこりひょうたん島の舞台化というだけでもおなじみなのに、サンデー先生役として元宝塚歌劇星組トップスターの安蘭けいさんが出演。すっかり驚いた…!というファンも多いのではないでしょうか。

今回は、舞台「ひょっこりひょうたん島」の最新情報をお届けします。

舞台「ひょっこりひょうたん島」の公演概要

舞台「ひょっこりひょうたん島」の公演スケジュールは以下のとおり。

東京公演

  • 日程:2015年12月15日(火)~28日(月)
  • 会場:Bunkamuraシアターコクーン

地方公演(予定)

2016年1月 松本、大阪 他

東京凱旋公演

  • 日程:2016年2月3日(水)~11日(木・祝)
  • 会場:Bunkamuraシアターコクーン

また、出演者やスタッフは以下のとおりです。

  • 脚本:宮沢章夫/山本健介
  • 演出・美術:串田和美
  • 音楽:宇野誠一郎/宮川彬良
  • 出演:井上芳雄(マシンガン・ダンディ)、安蘭けい(サンデー先生)、山下リオ(博士)、小松和重(テケ)、山田真歩(プリン)、一色洋平(海賊)、内田紳一郎(ダンプ)、真那胡敬二(海賊)、大森博史(海賊)、中村まこと(海賊)、串田和美(?) 、小松政夫 (トラヒゲ) 、白石加代子 (ドン・ガバチョ) ほか

地方公演の詳細は発表されていませんが、大人から子供まで楽しめる作品ですので、ぜひ多くの地域で公演して欲しいと思います。

人形劇「ひょっこりひょうたん島」のストーリーから紐解く舞台版

「ひょっこりひょうたん島」とは、大海を走る「ひょうたん島」を舞台にした物語。火山の噴火によって流されてしまったひょうたん島で、その島に取り残された先生や生徒、殺し屋マシンガンダンディ、海賊ドン・ガバチョ、海賊トラヒゲといった個性豊かなキャラクターたちが遭遇する出来事を描いています。

原作者、井上ひさしさんの言によれば、実はこの作品は「死後の世界」を描いたものとも言われています。(1話で起きた火山噴火でみんな亡くなっている)明るいストーリーの裏には、実は重いテーマもあるのかもしれません。

また、人形劇中では、たくさんの歌も披露されていますよね。これも、今回の舞台化でどう使われるのか(あるいは、使われないのか)と言った点が気になるところです。

このオープニング、日本人なら殆どの人が歌えるのではないでしょうか。まさに国民的人形劇ですよね。

今回演出を担当される串田和美さんは、舞台化にあたって次のようにコメントされています。

『ひょっこりひょうたん島』はひょっこり現れて、ひょっこり消えていったような気がする。それがみんなの心に残っている。観なかった人たちの心にも。まだ生まれていなかった人たちの心にも。それは気づかぬうちにそっと、しかし、したたかに成長しているような気もする。再会するのが楽しみな、成長する記憶のような舞台をつくってみたい。それは飛びっきり楽しく、飛びっきり贅沢な芝居の姿になるだろう。
(引用:Bunkamura シアターコクーン 公式HP)

ますます、どのような作品になるか注目ですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。