元宝塚だからこそやってしまう!日常生活の「癖」ベスト3!

他にみられない独特の魅力を放つ宝塚歌劇の世界。男役ならではのものから、娘役であっても知らず知らずのうちにやってしまう宝塚出身ならではの「クセ」やしぐさを、ジェンヌ自身の告白をもとにランキング形式にして紹介します!

他にみられない独特の魅力を放つ宝塚歌劇の世界。

外部の舞台とはまったく違う雰囲気を作り出すために、ジェンヌ、特に男役は日々努力しているものですが、そのしぐさが日常生活でも出て失敗してしまうところも。

男役ならではのものから、娘役であっても知らず知らずのうちにやってしまう宝塚出身ならではの「クセ」やしぐさを、ジェンヌ自身の告白をもとにランキング形式にして紹介します!

元宝塚のよくある癖 第3位:つい不要なシーンで気障ってしまう!

特に元ジェンヌが退団後に芝居をする際に苦労するのが、「男役」が出てしまうところだそう。

退団後やプライベートで写真を撮る際、決め顔を作る時に元男役ならではの「気障り」が出てしまい笑いを誘ってしまう、などと言うエピソードはバラエティ出演時の定番の話題です。

元宝塚のよくある癖 第2位:普段メイクをつい間違えてしまう!?

退団後の元トップスターさんへのファンの質問として、「退団後に間違って宝塚のメイクをしてしまったことがある? 」という内容をよくみかけますが、きっぱり「ない! 」と答えられる人は少ないとか。

普段メイクと宝塚のメイクは全然違うから、間違えようがなさそうに思えますが、それでも「男役時代の癖で眉毛を若干太目に書いてしまうことくらい」はよくやってしまうそう。

こんなところにも、男役としての行動が出てしまうものなんですね。

元宝塚のよくある癖 第1位:椅子に座る時の足がつい開く

これは男役、元男役限定のしぐさですが、椅子に座った時の足の組み方が普段出てしまうことが一番多くあるそうです。

下級生の頃から、ずっと男性の歩き方や、座り方、グラスの持ち方など男性の行動を研究しつくしている男役さんは、ファンがみるとつい黄色い声をあげてしまいそうになる宝塚ならではの足の組み方を熟知していますから、そのスタイルはなかなか変えられないものなのでしょうね。

元宝塚のよくある癖:まとめ

男役ならではのオフでのよくある「クセ」を紹介してきました。

やはり「男役」という、他ではみられない役作りをすることは並々ならぬ努力を必要とするもの。

普段の自分とはまったく違うよう作り込むタイプと、反対に自然に作り出せてしまうタイプとはまた「クセ」の悩みも変わってくるようです。

宝塚歌劇の最新オススメ記事

タカラジェンヌらしさを満喫できる宝塚歌劇公演を観に行こう!

苦労を経て勝ち取るタカラジェンヌらしさは、かなり貴重なもの。チケットキャンプ(チケキャン)では宝塚歌劇公演全般のチケットを取り扱っています。タカラジェンヌの努力が結集した成果が出る舞台。まだ知らない方を伴って、一緒に楽しんでみてはいかがですか?

ヅカファン1万人が登録!宝塚歌劇団無料メルマガ配信中!

宝塚のお得なプレゼントやキャンペーン情報も配信中♪抽選で宝塚公演のチケットが当たる!?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。