[バウ公演決定]礼真琴主演「鈴蘭(ル・ミュゲ)」祝!2度目の主演

2016年星組バウホール公演が、礼真琴主演「鈴蘭(ル・ミュゲ)」に決定しました。演出家樫畑 亜依子先生のデビュー作でもあります。まこっちゃん2作目の主演発表に湧くファンの声と最新情報をまとめました!

宝塚歌劇星組の、2016年1発目バウホール公演の演目が決定しました。礼真琴主演『鈴蘭(ル・ミュゲ) —思い出の淵から見えるものは—』です

この『鈴蘭(ル・ミュゲ) —思い出の淵から見えるものは—』は、礼真琴さんの「かもめ」に次ぐ2本目の主演作。恐るべし95期です…。また、演出家・樫畑亜依子先生のバウホールデビュー作でもあります。新たな才能の生まれる瞬間に立ち会える、幸せな公演になりそうです。

ちなみに、この公演と平行して上演されるのは、東京国際フォーラム公演 北翔海莉 Dramatic Revue『LOVE & DREAM』。宝塚とディズニーの夢のコラボです。こちらについては次の記事をどうぞ!
[公演決定]宝塚✕ディズニー「LOVE&DREAM」で夢のコラボ

今回は、宝塚歌劇星組公演最新情報をファンの声とともにお届けします!

星組 バウホール公演 礼真琴主演「鈴蘭(ル・ミュゲ)」公演詳細

早速、詳細をまとめました。

公演タイトル・演出

  • 「鈴蘭(ル・ミュゲ) —思い出の淵から見えるものは—」(作・演出/樫畑 亜依子)

公演スケジュール

  • 会場:宝塚バウホール
  • 日程:2016年1月21日(木)~1月31日(日)

販売情報

  • 一般前売:2015年12月5日(土)
  • 座席料金:全席5,300円

中世フランスの架空の公国を舞台にしたミュージカル

今回の作品は、中世フランスの架空の公国を舞台にしたミュージカル。

現在発表されている情報では、

伯爵家の子息リュシアンは、隣国へ嫁いだ公女シャルロットが夫・ガルニール公殺害の容疑により処刑された為、事の真相を探るよう密命を受ける。シャルロットは陥れられたに違いないと考えるリュシアンは、ガルニール公と前妻の間に生まれた娘・エマが後継者となったガルニール公国へ向かい、実質的な権力を握る人物に接触していく……。果たしてリュシアンは彼女の死に隠された真実に辿り着き、両国間の対立を回避することが出来るのか。
(引用:宝塚歌劇)

とのことなので、苦悩するまこっちゃんの演技を堪能できそうです。歌うまの礼真琴さんですから、ミュージカルならではの歌唱でも聴かせてくれるでしょうが、今回はかなりお芝居にも期待できそうですね。

演出は樫畑 亜依子先生!

この作品は、樫畑 亜依子先生のデビュー作です。植田景子先生、小柳奈穂子先生、上田久美子先生と宝塚の女性演出家は、近年ヒット作を連発していますよね。上田久美子先生のデビュー作「月雲の皇子」は衝撃的でした。演出家のデビュー作品には、さまざまなこだわりが詰められています。今後の宝塚を担う樫畑 亜依子先生の作風に期待ですね。

ただ夢夢しい宝塚の世界だけではない、重厚な世界観を味わうことが出来そうです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。