東宝「エリザベート」ふたりの新シシィが魅せる真逆のセンス

このたびキャストを大幅に一新して開演した東宝版ミュージカル「エリザベート」。 一体これまでの「エリザベート」となにが違うのか? キャストの魅力とともに現時点までの動きを追っていきます。

このたびキャストを大幅に一新して開演した東宝版ミュージカル「エリザベート」。

今やチケットがとれないミュージカルの代表格としてそのタイトルは、ひとつのジャンルとして成立するほどです。
一体これまでの「エリザベート」となにが違うのか?
キャストの魅力とともに現時点までの動きを追っていきます。

  • 脚本・歌詞ミヒャエル・クンツェ音楽・編曲シルヴェスター・リーヴァイ
  • 演出・訳詞小池修一郎
  • 出演 花總まり/蘭乃はな(Wキャスト)、城田 優/井上芳雄(Wキャスト)、田代万里生/佐藤隆紀(LE VELVETS)(Wキャスト)、古川雄大/京本大我(ジャニーズJr.)(Wキャスト)、未来優希、剣 幸/香寿たつき(Wキャスト)、山崎育三郎/尾上松也(松竹)(Wキャスト)、ほか
  • 公演日 6/13(土)~8/26(水)
  • 会場 帝国劇場

ふたりのシシィが「エリザベート」を変える!

タイトルロールのシシィ役はダブルキャスト。

満を持して、日本初演となる96年宝塚雪組公演で、さらに98年宙組公演でもやはり同じシシィを演じ伝説として語り継がれていた花總まりさんと、2014年花組公演で演じた蘭乃はなさん。

いわば同じタカラジェンヌでありながら、キャリアが正反対のふたりが同じシシィを演じるということで、宝塚ファンそしてミュージカルファンを驚かせました。

花總まりの貫録と気品

そのシシィにまた違うアプローチで挑む花總さん。

少女から晩年までを全て声と感情を変化させて演じきり、初めて彼女を観たファンも「伝説」の通り名に納得するクオリティを誇っています。

日本で一番長くシシィを演じつづけてきたという自負がそこには垣間見えるほどです。

みんなのコメント
  1. エリザベス より:

    エリザベートを舞台で観たのは、
    博多座でした。涼風真世と朝海ひかるのWキャスト。春野寿美礼と瀬奈じゅんのWキャスト。どちらも宝塚出身とあらば、ご贔屓にしていた方か、歌がお上手な方か、決めれなければトート役で決めてました。両方観れたらいいのですが…。
    今回は、花總まりと蘭乃はな…。宝塚版は両方観ました。

  2. sachie より:

    東宝で一番前の席で!観劇出来?ることは
    ほぼ一生に一度あるかないかの奇跡だつた。
    セットの壮大さに圧倒され、豪華キャストに圧倒された!
    シシィは花総さんは宝塚でも観させていただきましたが、その時も素晴らしいエリザベートを演じていたのに更にそれ以上に細かく演じていられたのが感動的でした。
    トートの城田さんは、間近で見るのが初めてなのですが、大きいことに感動し、美しいことに目が輝きました。

    そして、私の大好きなトートダンサー!
    今回もすごかったですねー!
    素晴らしかった!!

    今度は8月22日に観に行きます!
    とっても楽しみですo(*^▽^*)o

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。