宙組公演「相続人の肖像」はコメディ?それともシリアス?

宝塚歌劇大劇場公演「王家に捧ぐ歌」が好評上演中の宙組。その新進気鋭の95期生として、この秋にはバウホールの「相続人の肖像」にて初主演する桜木みなとさん。 まだまだ先のことと感じるかもしれませんが、この演目の魅力を掘り下げていきます!

宝塚歌劇大劇場公演「王家に捧ぐ歌」が好評上演中の宙組。その新進気鋭の95期生として、この秋にはバウホールの「相続人の肖像」にて初主演する桜木みなとさん

まだまだ先のことと感じるかもしれませんが、この演目の魅力を掘り下げていきます!

  • バウ・プレイ
    「相続人の肖像」
    作・演出/田渕 大輔
    公演期間:2015/10/15(木) – 10/25(日)

「相続人の肖像」と全国ツアー 秋の宙組はコメディ二本立て?

「相続人の肖像」について、現在のところ読み取れるのは、

遺産相続を巡る騒動を背景に、貴族の青年の成長をユーモラスに描く。
(出典サイト:宝塚歌劇公式)

という文言から感じる、公演の裏で行われる宙組全国ツアーと同様のコメディなのでは?という疑問。

貴族社会を背景にした古典的なコメディタッチを含んだミュージカルというのが一番、考えやすいでしょう。

「相続人の肖像」から名曲が誕生するかも?

ずんちゃんの持ち味といえば、その伸びやかな歌声です。

「相続人~」が古典文学のように単純明快なものであるとするなら、ストーリーよりもむしろひとりひとりの個性に重点が置かれた内容になります。

貴族の世界を描くのに必要なのは、若手なら特に芝居の深みではなく、与えられた曲にどのように感情を載せていくかにかかっているといっても過言ではありません。

「相続人の肖像」でずんちゃんが受ける、歌と演技のプレッシャー

コメディタッチな芝居とするなら、遺産をめぐる騒動というあらすじからの名作、「Me&My Girl」を想起するファンもいるかもしれません。

ずんちゃんはこれまで「歌ウマな下級生」というポジションでいましたが、主演となるなら彼女のために作られた曲を歌いこなし、ファンに「これはずんちゃんの歌!」と思わせるようにしなければならないでしょう。

「相続人の肖像」で、よりよい舞台を作り上げる努力に期待!

これまで「相続人の肖像」がコメディであると仮定してきましたが、もしそうなら演じる側はより大変かもしれません。シリアスな演技よりも笑わせる演技の方がはるかに難しいものだからです。

そしてずんちゃんならではの「一曲」をつくること。まだずんちゃんは舞台前面に出て、笑いをとるような大きな経験はしていないため、難関が待ち受けていますがそれらを乗り越えた素晴らしい舞台を期待して待ちたいものですね。

宝塚歌劇の他のオススメ記事

宙組公演の「王家に捧ぐ歌」「相続人の肖像」を観に行こう!

未知の公演を想像しながら、現在の同じ組の公演を楽しむこと。それが宝塚歌劇ファンの独特の楽しみ方です。チケットキャンプ(チケキャン)では宝塚宙組公演を取り扱っています。贔屓の才能の今と未来を存分に満喫してくださいね。

ヅカファン1万人が登録!宝塚歌劇団無料メルマガ配信中!

宝塚のお得なプレゼントやキャンペーン情報も配信中♪抽選で宝塚公演のチケットが当たる!?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。