専科公演「オイディプス王」を楽しむためのポイントを紹介!

宝塚歌劇専科公演「オイディプス王」。ソフォクレス原作の悲劇で、外部舞台として上演されることも多い有名な作品です。バウホールという小さな劇場で、名だたる専科メンバーと月組が競演するこの公演を紹介します!

宝塚歌劇専科公演「オイディプス王」。

ソフォクレス原作の悲劇で、外部舞台として上演されることも多い有名な作品です。バウホールという小さな劇場で、名だたる専科メンバーと月組が競演するこの公演を紹介します!

ギリシャ悲劇「オイディプス王」 ~ソフォクレス原作「オイディプス王」より~

公演期間:8/13(木)- 8/23(日)

専科公演「オイディプス王」 第二弾として発表された月組出演メンバー

以前先行として発表されていた専科メンバーに加えて、「1789」の公演を終了した後はなんと5つのグループに分かれて公演する月組。

その内の1グループが、「オイディプス王」に出演する選抜メンバーとして加わることが発表されました。

  • 専科から出演
    轟悠、夏美よう、 悠真倫、華形ひかる、沙央 くらま
  • 月組から出演
    飛鳥裕、憧花ゆりの、光月るう、凪七瑠海、姫咲美礼、紫咲樹れの、陽海ありさ
  • 「オイディプス王」の気になるみどころは?

    ストーリーは文学史上、また演劇史上でもとても有名なものなので、「ギリシャ悲劇」というサブタイトルから読み取れる通りラストがどうなってしまうのか、はオリジナル作品などとは違いすぐにわかるものです。

    原作改変も大筋ではないと考えるべきでしょう。

    ストーリーが観客にあらかじめ理解できていて、それでもなお深みの増す演技をみせてくれるか…。宝塚歌劇の中でも、実力のある演者でないとできない「オイディプス王」の成功はそこにかかっているといってもよいでしょう!

    「オイディプス王」で気になるヒロインとなるジェンヌは誰か

    キャストが発表された時点でファンとして気になるのが、やはり主人公オイディプス王と、彼が愛する妻を演じるのは誰かということ。

    オイディプス王の妻は、彼の悲劇の原因を一身に背負って立つことになる重要な役。当然ながら主人公は専科の轟さんですが、ヒロインは誰か?ここで有力候補で挙げられているのが、男役でありながら、女役としての実績もある専科の沙央さん。もしくは月組の凪七さんです。

    それ以外の驚きの抜擢もあるかも?と気になるところです。

    宝塚「オイディプス王」がスゴイ理由

    轟悠さんを中心とする専科公演はこれまで、2011年「おかしな二人」(2012年再演)、2013年「第二章」とこれまでも主演で専科と、他組から抜擢された生徒と濃密な芝居で歴史を残しています。

    宝塚ではちょっと難しい?とも思えるストーリーも見事にモノにしてしまう実力。改めて芝居に真剣に取り組む姿勢や、高い技術が若い生徒に与える影響は計り知れないものでしょう。

    コメディ、歴史ミュージカル、そして古典と幅広く上演する専科公演にこれからも期待がふくらみます。

    宝塚歌劇の他のオススメ記事

    専科をみれば宝塚が分かる!?

    チケットキャンプ(チケキャン)では、宝塚歌劇専科公演「オイディプス王」を取り扱い中です。普段の宝塚ではなかなかみられない専科さんたちの重厚なお芝居を存分に体感できる貴重な機会。決して観て損することはありません!

    ヅカファン1万人が登録!宝塚歌劇団無料メルマガ配信中!

    宝塚のお得なプレゼントやキャンペーン情報も配信中♪抽選で宝塚公演のチケットが当たる!?

    コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。