【音源あり】ラジオ「ビバ!タカラジェンヌ」を聞いてみよう!

タカラジェンヌの飾らない姿が聞けると人気なのが、ラジオ関西で放送されている「ビバ!タカラジェンヌ」。全国のヅカファンに知ってもらいたいこの「ビバ!タカラジェンヌ」について、実際の音源も交えてご紹介!

宝塚歌劇・タカラジェンヌの飾らない姿が聞けると人気なのが、ラジオ関西で放送されている「ビバ!タカラジェンヌ」。1981年ころから放送されている長寿番組で、現在の放送時間は月曜日の20時~20時半。

全国の中でも珍しく、宝塚のファンだけをターゲットにしたラジオ番組で、若手スターから娘役やOGまで様々なジェンヌさんが登場されます。関西のファンにはすっかりお馴染みの存在ですよね。

今回は、全国のヅカファンに知ってもらいたいこの「ビバ!タカラジェンヌ」について、実際の音源も交えてご紹介!ぜひ、月曜に関西にいる際は聞いてみてくださいね!

ビバ!タカラジェンヌはファンによるファンのための番組

ビバ!タカラジェンヌのパーソナリティを放映当初から務めているのは、元ラジオ関西アナウンサーの小山乃里子さん。鳳蘭さんとのお仕事をきっかけにファンになったという小山乃里子さんが進行なので、かなりファン目線の構成になっているんです。

「タカラヅカカフェブレイク」で司会をする中井美穂さんもヅカファンですが、やっぱり宝塚の番組は、ファン目線で作られていると視聴者もより一層楽しいです。

ビバタカでは、小山さんが必ずジェンヌさんの愛称を紹介してくれるのも特徴。愛称トークを掘り下げてくれると、よりジェンヌさんが身近に感じられます。また、公演中の音源もしっかり流れるのもうれしいです。登場するジェンヌさんに合わせて流れる場所が変わるので、普段は聞き流している部分まで聞けるんです。

ビバ!タカラジェンヌではタカラジェンヌの本音が聞ける

ラジオという形態だからか、かなりリラックスしたモードのジェンヌさんのお話が聞けるのも特徴です。小山乃里子さんの質問にそって、自然体で役作りの苦労からプライベートの話題まで盛り上がります。

時には、ジェンヌさんが歌ってくださることも!

今回の「ビバ!タカラジェンヌ」は、宝塚OGの方にご登場いただく日。
元専科の萬あきらさん、愛称・けいさんです。
1970年に宝塚歌劇団に入り、2010年、宙組「カサブランカ」で退団したけいさん。
退団してから6年にもなるのですね。
そんな萬あきらさんから「スタジオで歌っていいですか」と・・・
今回の「ビバ!タカラジェンヌ」は、放送開始以来初のスタジオ収録の歌声、
「カサブランカ」の名曲と東日本大震災への思いを綴ったけいさん作詞の歌をお聞きください。
(引用:ビバ!タカラジェンヌ★リンク)

ビバ!タカラジェンヌのHPは次回の見どころ(聞き所)を掲載してくれているので、チェック必須ですよ。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。