「ラ・マンチャの男」ヒロインに抜擢!霧矢大夢の活躍を追う

元月組トップスターの霧矢大夢さん。80期のエースで、音楽学校を首席で卒業。歌・踊り・お芝居全てに安定感がある実力派トップスターとして人気を博しました。2012年に惜しまれつつ退団された後は、ミュージカルなど舞台を中心に活躍されています。

宝塚歌劇団の元月組トップスターの霧矢大夢さん。80期のエースで、音楽学校を首席で卒業。歌・踊り・お芝居全てに安定感がある実力派トップスターとして人気を博しました。

2012年に惜しまれつつ退団された後は、ミュージカルなど舞台を中心に活躍されています。華麗な男役から、素敵な女優さんへと変貌を遂げられた霧矢大夢さん。きりやんは、松本幸四郎さん主演の「ラ・マンチャの男」にてヒロインに抜擢!公演が待ち遠しいですよね。

今回は、退団後のきりやんの活躍について振り返ってみたいと思います。

卒業後の霧矢大夢出演作を振り返る

宝塚を卒業したOGの進む道は様々。そんな中できりやんが選んだのは、舞台の道でした。退団後割と早くに「マイ・フェア・レディ」イライザ役に抜擢。真飛聖さんとのダブルキャストで、ついこの間まで男役だったきりやんが制作発表でチャーミングなイライザに扮している姿に驚きました。

その後も、宝塚で培った歌唱力・演技力で舞台に出演。「オーシャンズ11」(クイーンダイアナ)、「I DO! I DO!」(アグネス)、「ヴェローナの二紳士」(シルヴィア)など。男役スターさんは、女優になった時に歌い方や所作で苦労されるというエピソードも多い中、きりやんはさすがの転身っぷり。

とくに、「オーシャンズ11」のクイーンダイアナは、元男役だからこそのパワフルな押し出しがぴったりでした。こういった役が似合うのも、元男役の経験があればこそですよね。

霧矢大夢愛犬フィンチの訃報

きりやんといえば、フィンチ。ファンにもお馴染みのきりやんの愛犬フィンチは、公演ごとにきりやんとおそろいの衣装を身にまとう姿がなんとも愛らしかったですよね。きりやん卒業時には、緑の袴も似合っていました。

そのフィンチが2015年2月に闘病の末、天に召されました。きりやんの公式Facebookで発表された訃報に、思わず涙したファンも多いのでは。

もうフィンチときりやんのツーショットが見られないのは悲しいですが、フィンチの分まできりやんを応援していきたいと思います。

みんなのコメント
  1. ぽん より:

    昨年8月の二人ミュージカル「I DO ! I DO !」が評価され、今年2月に読売演劇大賞女優賞を授与されました。今年6月に開催されたコットンクラブでのライブでは、
    男歌はより男らしく、女歌に女ぶりに磨きがかかり、多くのファンから再演及び開催場所拡大の悲鳴が上がっています。
    歌い方によって顔が異なり、醸し出す空気さえも変わる万華鏡のような
    多面的魅力に酔いしれることができます。
    まさに「なんてチャーミング。。。」とつぶやくことに。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。