[レポ]花組新人公演 カリスタの海に抱かれてはオールマイティ!?

宝塚花組新人公演「カリスタの海に抱かれて」今回新人公演で主演を務めるのは水美舞斗さん。ヒロインは城妃 美伶さんです。実力も華も個性も花組の勢いは止まることを知りません!本日は、注目の花組新人公演「カリスタの海に抱かれて」のレポを解説します。これから観に行かれる方も、もう見に行かれた方も、ぜひ参考にしてみてください。新たな発見があるかも?

宝塚花組新人公演「カリスタの海に抱かれて」今回新人公演で主演を務めるのは水美舞斗さん。ヒロインは城妃 美伶さんです。
実力も華も個性も花組の若手スターの中で際立っている水美舞斗さんこと、マイティーの勢いは止まることを知りません!

本日は、注目の花組新人公演「カリスタの海に抱かれて」のレポを解説します。これから観に行かれる方も、もう見に行かれた方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。新たな発見があるかも?

花組新人公演「カリスタの海に抱かれて」 花組の底力を見た!

最後の新人公演で初主演の水美舞斗が素晴らしい。同期の柚香光が早くから注目を浴びていたせいか、なかなかライトがあたらなかったが、なんともったいないことをしていたのだ!!と実感した公演でした。
他にも可憐なヒロインのアリシア城妃美怜、難役アニータの乙羽映美、セルジオ綺城ひか理、などなど花組の底力を見た気分。レベルの高い新人公演でした。

水美舞斗の魅力

幕開きは銀橋でのソロ。最初の歌い出しから堂々とした存在感で歌声を響かせるなんて。歌がうまいと定評のある明日海さんの役だから、とても歌が多い。そして難しい歌がある。どの歌も見事に歌い上げた。また声がいい。男役の声をしているんです。
よく通る低音が魅力的に響く・・・。いままで本公演しか見たことが無かったので、水美さんのソロを聴いたことが無かったのですが、嬉しい驚きです!

お芝居も良かったですね。本役よりやや骨太感があり、本来はロベルト役者なのだろうな〜と思うけれど、カラーの違う白い役を見事に自分のものにしていました。「彼が島に残っていれば、確実にリーダーはカルロだ」と思わせる存在感と統率力、魅力的なカルロです。
こんな魅力的な人を隠していたなんて!もっともっと本公演での活躍が見たいです。

花組新人公演「カリスタの海に抱かれて」 新人公演なの!?という迫力

すごかった…

活躍した4人の人物

  • アニータ乙羽

  • これ、新人公演だったよね・・?と思わせてくれたのは、まず第一にアニータ乙羽さん。
    本役は専科の歌姫、いえ宝塚屈指の歌姫・美穂圭子さん。その美穂さんは本公演で圧倒的な存在感でお芝居を締め、劇場を震わせるほどの美声で歌いまくっている・・・そんなアニータを、乙羽映美さんが違和感無く演じきり歌い上げた!これまた見事。これほど歌える人だったのね・・!とため息が出るほど。

  • 綺城ひか理

  • 本役の瀬戸かずやさんが「あたり役」と言われているセルジオを、本役?というほどのナチュラルさで演じてくれた綺城ひか理さん。
    ロベルトを支え皆を率いるリーダーらしい風格も見えます。

  • 峰果とわ、花乃まりあ

  • 若さが見えず、ちゃんとイザベラの両親に見えたブリエンヌ総督夫妻は、峰果とわさんと花乃まりあさん。
    なんとトップ娘役だった!・・・と見ている間、全然気づきませんでした。お芝居のうまい人だと改めて納得でした。

みんなのコメント
  1. プラコ より:

    マイティー素敵な舞台をありがとう!
    これからの花組
    ら目が離せませんね♪
    何故芹香斗亜さんの写真が!?

  2. ムーン より:

    待ち焦がれたマイティの新公主演❗️期待通りでした❗️次の新公主演、バウ主演と続くこときたいします❗️

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。