クオリティ高!タカラジェンヌ版アンパンマンのウワサとは?

宝塚歌劇がコミックやゲームなど、様々な媒体から題材を得て舞台化してヒットさせているのは、いまやファンならずとも常識。少し前にTwitterを中心としてネット上で流行した話題が宝塚版「アンパンマン」上演!といううわさを調べてみました!

宝塚歌劇がコミックやゲームなど、様々な媒体から題材を得て舞台化してヒットさせているのは、いまやファンならずとも常識。

「もうこれから何が宝塚舞台の題材になっても驚かない…!」とディープファンは心に深く念じているものですが、それでも少し前にTwitterを中心としてネット上で流行した話題が宝塚版「アンパンマン」上演!といううわさ

画像クオリティの高さから、上演を事実と信じるひともいたようで、改めて宝塚歌劇の持つ器の大きさを垣間見たというファンも多かったようです。

タカラジェンヌ版アンパンマン、最初はなんてことない妄想つぶやきから始まった

にわかにネット上を大騒ぎさせた、タカラジェンヌ版アンパンマン。

ミュージカル「アンパンマン」
〜原作 やなせたかし〜
脚本 / 演出 小池修一郎

[解説]
やなせたかしによる人気アニメを舞台化。主人公アンパンマンと愉快な仲間たちが繰り広げる壮大な物語。101周年を迎える宝塚の新たな挑戦。
(引用:twitter)

といういかにも、宝塚歌劇団ポスターで使われそうな煽り文句が、ファン心をユーモアたっぷりにくすぐるものでした。

ちなみに演出とされた小池先生は、以前サンリオピューロランドにてキティちゃん着ぐるみたちによる宝塚風レビューを演出したという実績?があったことも、知っているひとにはクスリとこさせるネタといえますね。

タカラジェンヌ版アンパンマンは、妄想だから組やOGも関係ない!

噂が出た当時すでにOGだった蘭寿とむさんアンパンマン。

妄想キャスティングが一気に拡散されると、アプリを駆使して写真加工、お目当てのジェンヌさんたちのアンパンマン衣装を作るという現象にまで発展。タカラヅカスペシャルなどのコメディコーナーならすぐできそうなクオリティの高さで、楽しむファンが増えていきました。

タカラジェンヌ版アンパンマンでは、現トップスターたちの凛々しい?姿も

明日海りおさんのロールパンナさんと龍真咲さんのなんと!バイキンマン。

どうもキャスティングでのキャラはそれぞれ、みためよりもファンが感じるタカラジェンヌたちの持ち味で、決められているようですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。