ヅカ男子必見!観劇マナーとお勧め宝塚作品特集

宝塚歌劇といえば、女性だけの楽しみ…そう思っているひとはいませんか?実は、最近宝塚を愛する「ヅカ男子」が増えているんです。興味があるけれどなかなか足を踏み出せないヅカ男子のために、今回は観劇マナーや初心者おすすめ作品をまとめてみました。

宝塚歌劇といえば、女性だけの楽しみ…そう思っているひとはいませんか?実は、最近宝塚を愛する「ヅカ男子」が増えているんです。もちろん、劇場に入ると女性の比率が多いですが、ご夫婦で来られていたり、一人で当日券購入のため並んでいる男性の方も結構いらっしゃいます。

芸能界にも、ヅカ男子はたくさん。唐沢寿明さん、及川光博さん、ラサール石井さん、笠井信輔さん、ジャニーズのマリウス葉さんなどなど、宝塚ファンの男性芸能人はたくさんいます。

そして、宝塚のチケットは、意外とリーズナブル。B席3,500円~SS席でも1万2,000円程度、当日券ならさらに安いです。宝塚は、実はとっても身近な娯楽なんです。

興味があるけれどなかなか足を踏み出せないヅカ男子のために、今回は観劇マナーや初心者おすすめ作品をまとめてみました。ぜひ、参考にされてくださいね。

ヅカ男子必須の持ち物・服装マナー

宝塚歌劇を観る、となると、正装をしなくては…と思いますか?実は、決まったドレスコードはありません。普段着で気軽に来れるのも、宝塚歌劇のいいところ。ジーパンやスニーカーで全然OKなんです。東京宝塚劇場でしたら、平日夜の公演もあるのでお仕事後に、スーツで観劇するヅカ男子も多いです。

宝塚歌劇をより楽しむためのマストアイテムとして、「オペラグラス」があります。お持ちの方はぜひ持参を。もし持っていなくても、宝塚大劇場・東京宝塚劇場ではレンタルがあるので、まずはそれで試すのもいいと思います。その他の劇場は、劇場によって有無が変わるので、事前にチェックされてくださいね。

あとは、大きめのかばんをおすすめします。というのも、パンフレットだけの購入ではエコのためショップバックが無いからです。男性は小さめのかばんの方が多いですが、パンフレットが入るサイズのかばんがあると心置きなく買い物できますよ。

ヅカ男子が気をつけたい、独特の観劇マナーをチェック!

宝塚の観劇マナーは、一般の舞台や映画と同じです。静かに、普通に見ていれば問題ありません。あえて言うなら、小柄な女性も多く観劇されているので、緊張して背筋を伸ばし過ぎたり、前のめりになり過ぎないことでしょうか。

また、座席の前後もあまり余裕が有るわけではないので、内側の座席の場合は早めに着席しておくと、周りの方に迷惑がかかりません。心配なら、通路側の座席を確保するのもいいかもしれませんね。

宝塚の特徴として、独特の拍手のタイミングがあります。スターさんが登場された時、銀橋で歌い終わった時、ノリの良い歌に合わせて、ラインダンスに合わせて、パレードのお辞儀に合わせて…などなど。これは、特に心配されず周りのファンに合わせておけばOKです。それに何より、自然に拍手したくなると思うので、その気持ちを大切にされて下さい。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。