見れたらラッキー!?宝塚舞台上のハプニング集

舞台は生物。全く同じ公演は二度とありません。ただ、舞台は人の手で作り上げるものですから、宝塚歌劇の舞台でも、時たま予想だにしなかったハプニングが発生することがあります。今回は、これまでの舞台で起こったハプニングをいくつか取りまとめてみました

舞台は生物。全く同じ公演は二度とありません。ただ、舞台は人の手で作り上げるものですから、宝塚歌劇の舞台でも、時たま予想だにしなかったハプニングが発生することがあります。

タカラジェンヌはさすが舞台人、予期せぬハプニングにも見事に対処!とくに何度も観るファンにとっては、そうしたハプニングはある種の「ラッキー」でもあります。舞台人としてのタカラジェンヌの底力を観ることができますから。

今回は、これまでの舞台で起こったハプニングをいくつか取りまとめてみました。とっさのハプニングにも動じないタカラジェンヌ…さすがです!

【宝塚舞台上のハプニング】照明や音響編

2013年東京宝塚劇場、宙組「風と共に去りぬ」にて、音響のハプニングがありました。
オープニングからマイクが全く声を拾わず、それに気づいたジェンヌさんたちは地声で遠くまで聞こえるようにと声をはって歌っていらっしゃいました。
その後30分ほど進んで幕が下り、しばらく経ったあと開演アナウンスから再開されました。
私は同じシーンが2回も見られたのでお得!という感じでしたが、ジェンヌさんやスタッフさんたちには負担が大きかっただろうなーと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

幕が下りきるまでの微妙な間も、舞台に立っていたジェンヌさんたちはいきなり下りてきた幕に慌てることなく役を演じきっていて、さすがプロだなと感じました。
また再開時の開演アナウンスに観客の皆さんが笑い声とともに拍手をされていて、宝塚ファンの温かさも感じました。
(引用:Yahoo知恵袋)

「砂漠の黒薔薇」東京初日の時の事。

芝居半ばで音響設備の故障により場面終わりで中断。
再開は中断した次の場面からでしたが、その最初が「神様は私達をお見捨てにはならなかった。」という様な台詞の為、客席は大爆笑&拍手喝采。

因みに中断前、マイクが全く入ってない状態なのに、台詞が一番後ろの席まで聞こえたのはビックリでした。
(引用:Yahoo知恵袋)

他にも、旧宝塚大劇場にて日向薫・南風まい コンビの星組『戦争と平和』の公演中、大劇場に落雷が!途中で暗転して復旧のために時間がかかるということがあったそうです。当日は大道具さんが手で大階段を引き出したものの、このせいで大階段がしばらく使えなくなり、急ごしらえの5段ほどの階段でフィナーレを行う…というハプニングもあったとか。

【宝塚舞台上のハプニング】かつらや小物

目の前で見たので印象に残っているハプニングは、月組の「ロミオとジュリエット」のパレードで、銀橋から舞台に戻った龍真咲のナイアガラに千海華蘭さんのシャンシャンが絡んで(駄洒落みたいですが)しまったこと。外れないので、龍さんはそのままぶら下げてセンターに戻り、シャンシャンが外れて飛んでいかないようおとなしめなお辞儀で済ませ、千海さんは「エアシャンシャン」で最後まで頑張りました。
(引用:Yahoo知恵袋)

大地真央さんが「アンジェリク」でフィリップをなさった時に、プロローグでかっこよく登場、音楽に乗って踊り舞台前方へ!と思ったら、オーケストラボックスに勢い良く靴を蹴り入れてしまいました。

指揮の先生が舞台に置いた靴のところまで、片足裸足で歩いて行き、履いてました。
(引用:Yahoo知恵袋)

まあさまとみりおんに関しては、「Amour de 99」の泥棒紳士の場面で、みりんおんがキモとなるネックレスをつけ忘れたことがありました。まあさまがそれをこっそり指摘し、焦るみりおんに「最後はイヤリングを使えばいい」と指示。何事も無く場面が終わった…というエピソードも。

2007年雪組エリザベートでは、トート閣下が最終尋問にナイフを忘れるハプニングも。ルキーニにナイフが渡らなかったので、とっさにシシィの首を絞めたのだとか。

他にも、小物やアクセサリーなどが舞台に落ちてしまうと、お芝居や振りの一部のように自然に拾ってカバーしますよね。あまりに自然すぎて気が付かないことも多々ありますが、さすが!!と感動します。これらは、映像に残ることが殆ど無いので、見られたひとはちょっと羨ましいです(ジェンヌさんには冷や汗モノですが)

【宝塚舞台上のハプニング】危ない!大階段にまつわるハプニング

お稽古場には、当然大階段はありません。ジェンヌさんにとっては当たり前の大階段であっても、下りたりその上で踊ったりというのは危険を伴うもの。危険なハプニングでもプロ根性で乗り切るジェンヌさんには脱帽です

檀れいさんがパレードのとき、大階段から落ちた(転んで膝立ちで滑り降りてきた)。

真琴さんが退団された後、トーク番組で「(相手役が)あのとき12針縫った」とおっしゃっていたので、何事もないように、幕が下りるまで頑張っていたことにビックリしました。
(引用:Yahoo知恵袋)

みんなのコメント
  1. めぐりん より:

    昔、神奈美帆さんが花組に在籍していた頃 フィナーレで大階段を落ちてました。すぐ立ち直り何事もなかったかのように歩いていてプロ意識の高さを感じました。

  2. あゆなご より:

    鳳蘭さんが
    「愛読者大会」で歌詞を忘れ
    ♪歌詞を~わーすれたわ~
    と歌ったのは
    実況録音LPレコードの録音日。
    そのまま発売されました。

    大浦みずきさんは
    VTR 録画の日に
    胸元に仕込むマイク
    (当時ですからすごーく大きかったアレ)
    を忘れて
    下級生からコソっと受けとるも
    一部始終が放送されました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。