キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンで知る紅ゆずるの真価

宝塚歌劇星組はトップスターが変わり新しく始動!その二番手となる紅ゆずるさんの主演公演が6月に幕を開きます。ミュージカル 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」、その魅力と見どころをお届けいたします。

宝塚歌劇星組はトップスターが変わり新しく始動!

その二番手となる紅ゆずるさんの主演公演が6月に幕を開きます

ミュージカル 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 CATCH ME IF YOU CAN The Musical

赤坂ACTシアター 6/17(水)~ 6/23(火)
梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 6/29(月)~ 7/6(月)

紅ゆずるは「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」でステップアップの時期を迎える

星組が根本から変わる、つまり紅さんもすべてではなくても違う魅力を打ち出していくことでしょう。

この公演は、映画にもなったためあらすじをあらかじめ知っている観客も多いはず。天才詐欺師フランク・アバグネイル Jr.と彼を追い続ける刑事カールとの逃亡&追跡劇、そしてフランクと恋人のブレンダとのラブストーリーが、華やかなダンスと素晴らしい音楽で展開される作品です。ブロードウェイでも日本でもミュージカル版が上演されているだけに、どのフランク・アバグネイル Jr.とも違う魅力的な主役をファンは期待しています。

さゆみさんがこれまで主演してきた公演とは、少しアプローチを変える段階に入っているのかもしれません。どう彼女は変わるのか?そしてさらにどう進化していくのか、公演の内容とキャストと交えながら考察していきます!

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」のダブル男役の雰囲気がかぶりそう?

「キャッチ~」で、ヒロインとなるブレンダの次に重要な役となるのが主人公を追い続ける刑事カール。

演じる七海ひろきさんは宙組からの組み替え。宙組では宝塚随一のマニアックなジェンヌとして知名度を上げ、舞台上ではムードメーカーとして盛り上げてきました。

対して星組では、前トップの柚希さんという大きな存在のスパイス的役割を果たし、笑いをとる一面もあった紅さん。

これまでの立ち位置から、フランク役の紅さんとカール役の七海ひろきさんとは空気感がかぶってしまうのでは?というファンの意見もあるようです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。