雪組 月城かなと主演「銀二貫」の魅力を分析してみた

宝塚歌劇雪組の、バウホール公演 月城かなと主演「銀二貫—梅が枝の花かんざし— 」。雪組若手男役の中でも今後の活躍が期待されている月城かなとさんの初主演ということで、先日の演目発表の時点で注目している人も多いのではないでしょうか。

宝塚歌劇雪組の、バウホール公演 月城かなと主演「銀二貫—梅が枝の花かんざし— 」。

新人公演の主演をつとめ、雪組若手男役の中でも今後の活躍が期待されている月城かなとさんの初主演ということで、先日の演目発表の時点で注目している人も多いのではないでしょうか。

今回は、詳細発表が待ち遠しくてならない「銀二貫」の魅力について独自にまとめてみました。

宝塚×高田郁先生の初コラボに注目の「銀二貫」

「みをつくし料理帖シリーズ」等で人気の時代小説家・髙田郁先生の人気作品「銀二貫」。笑いあり涙ありの人情味あふれるこの物語は、昨年NHKでドラマ化もされました。元雪組トップスターの音月桂さんが主人公の母親役で出演されていたので、雪担にとっては馴染み深い作品なのではないでしょうか。

「銀二貫」のストーリーは、以下のとおり。

舞台は商人の町・大坂天満。仇討ちで父を亡くし、自分も討たれるかというところを、居合わせた寒天問屋井川屋の主人・和助に銀二貫で命を救われた武士の息子・鶴之輔は、松吉と名を改め商人として生きることとなる。商人としての厳しい修行に耐え、数々の困難に立ち向かっていく松吉が、情け深い人々に支えられながら成長していく様を、得意先の料理屋の娘・真帆との淡い恋を交えてお届け致します。関西風情を随所に盛り込んだ、涙あり笑いありの人情物語
(引用:宝塚歌劇)

ワクワクしますよね。今回演出されるのは、これまでも「心中・恋の大和路」「くらわんか」「やらずの雨」などの日本物を数々手がけてきた谷 正純先生。これは期待できそうです。

「銀二貫」主演は95期月城かなと

そして、何よりこの舞台で注目すべきは主演。月城かなとさんは、95期の中で5人目のバウホール公演主演(単独主演では、4人目)です。全ての組で、新人公演主演・バウホール主演が生まれました。95期伝説に、また新たな1ページが加わります。

月城かなとさんは、スッキリとした舞台姿が美しいですよね。「shall we ダンス?」「一夢庵風流記」での新人公演主演でも、安定したお芝居を見せてくれました。「ルパン三世」新人公演では歌うまの望海風斗さんがつとめるカリオストロ伯爵を好演し、歌唱力でも成長しています。

この新人公演主演を経て、また一皮も二皮も向けた月城かなとさんになられるはずです。

ちなみに、月城かなとさんといえば、永久輝せあさん・星南のぞみさん・有沙瞳さんとともにCM出演もしたばかり。みなさん、CMはご覧になりましたか?バウホール公演の二番手やヒロインとして、このメンバーが集結する可能性もありそうです。原作が人気作品ですから、配役予想等をして続報を待ちましょう。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。