ベルサイユのばら、歴代オスカル・アンドレを一挙紹介!

宝塚歌劇を代表する作品「ベルサイユのばら」。1974年の初演以降、何度も何度も再演を重ねられている大ヒット作品です。そこで今回は、歴代のオスカル・アンドレを演じたスターさんを振り返ってみたいと思います!

宝塚歌劇を代表する作品「ベルサイユのばら」。1974年の初演以降、何度も何度も再演を重ねられている大ヒット作品です。今までに数多のスターさんがオスカルやアンドレを演じ、たくさんの感動を与えてくれました。

そこで今回は、歴代のオスカル・アンドレを演じたスターさんを振り返ってみたいと思います!ただ、あまりに上演回数が多いので、大劇場で公演されたベルサイユのばらを中心にまとめました。(外伝ベルサイユのばらは除く)99周年~101周年にかけて再演されたものに関しては、全国ツアー等も合わせてお届けします。

誰しも一人は「マイオスカル」がいるもの。貴方にとってのオスカルは、誰ですか?

昭和49年初演!昭和ベルサイユのばらで演じたトップスターは?

上演時のトップスターについては、末尾に星マークを表示します。

ベルサイユのばらの初演は、1974年月組。初演のオスカルは、榛名由梨さん()、アンドレは麻生薫さん。初演でオスカルを鮮烈に演じた榛名由梨さんは、今なお演技指導でオスカルの心を後輩たちに伝えています。

初演の翌年、1975年には、花組と雪組で再演。花組ではオスカル・安奈淳さん()、アンドレ・榛名由梨さん()。

雪組では、オスカル・汀夏子さん()、アンドレ・麻実れいさん。

そして、1976年にも脚本に改定を加えて星組・月組にて再演が行われています。星組版には、これまでにオスカルを演じたジェンヌが勢揃いする一幕もあったそうです。星組版でオスカルを演じたのは、榛名由梨さん・安奈淳さん・汀夏子さん・順みつきさん。アンドレは、但馬久美さん。

月組版のオスカルは榛名由梨さん()、アンドレは瀬戸内美八さんでした。

平成ベルサイユのばらは、おなじみのスターがずらり!

1989年から1991年にかけて、宝塚歌劇75周年・フランス革命200年を記念して再演されました。1989年雪組版は、「アンドレとオスカル編」。アンドレが初の主役でした。アンドレは杜けあきさん()・オスカルは一路真輝さんが演じました。

1989年星組では「フェルゼンとマリーアントワネット編」。トップスター日向薫さんはフェルゼンを演じています。オスカルは、星組の大輝ゆうさん・紫苑ゆうさんの他に他の3組より特別出演した安寿ミラさん、涼風真世さん、一路真輝さんが演じます。アンドレは、麻路さきさんでした。

1990年花組は、「フェルゼン編」。フェルゼンを演じたトップスター・大浦みずきさんに合わせたダンスシーンが大きく追加され、「踊るフェルゼン編」とも呼ばれています。この公演でオスカルを演じたのは、涼風真世さん・紫苑ゆうさん・真矢みきん・安寿ミラさん。アンドレは朝香じゅんさんです。

1991年月組では、涼風真世さんのトップお披露目公演として「オスカル編」が演じられました。アンドレを演じたのは、杜けあきさん、日向薫さん、天海祐希さん、大浦みずきさん。

2001・2006年に再演、ゼロ年代のベルサイユのばら

2001年に、宙組と星組が東西常時上演を果たします。

星組は、「オスカルとアンドレ編」。トップコンビ、稔幸さんと星奈優里さんはこの公演が退団公演となりました。稔幸さんがオスカル、アンドレは香寿たつきさん、湖月わたるさん、樹里咲穂さんが演じました

宙組は、「フェルゼンとマリーアントワネット編」。トップスター和央ようかさんがフェルゼンを演じ、オスカルとアンドレは彩輝直さん・水夏希さんが役替りで演じました。

2006年には、マリーアントワネットの生誕250年を記念して、星組・雪組にて再演されました。

星組では、「フェルゼンとマリーアントワネット編」。トップスター湖月わたるさんがフェルゼンを演じ、宝塚大劇場においては、アンドレを安蘭けいさん、オスカルを他組から特別出演した大空祐飛さん・霧矢大夢さん・朝海ひかるさん・貴城けいさん・水夏希さんが演じました。東京宝塚劇場においては、オスカルを安蘭けいさん、アンドレを立樹遥さん・柚希礼音さんが演じました。

雪組では、「オスカル編」が上演され、トップスターの朝海ひかるさんがオスカルを演じました。アンドレは、水夏希さんの他、他組から特別出演した湖月わたるさん・春野寿美礼さん・瀬奈じゅんさん・貴城けいさん・安蘭けいさんが演じました。

みんなのコメント
  1.   より:

    龍真咲さんと明日海りおさんのベルばらを見て宝塚ファンになりました☆
    その後もいろいろな方々のオスカル&アンドレを拝見しましたが、
    やっぱりまさカルとみりドレバージョンが一番好きです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。