【2015年版】宝塚歌劇 注目新人を総チェック!

宝塚歌劇団は2015年、101周年の節目を迎えました。 何年後かの宝塚歌劇を背負って立ち、メディアで一般的にも名前を呼ばれるようになるであろうスターたち。 そんな未来を予感させる頼もしい新人を厳選して紹介していきます!

宝塚歌劇団は2015年、101周年の節目を迎えました。

何年後かの宝塚歌劇を背負って立ち、メディアで一般的にも名前を呼ばれるようになるであろうスターたち。

そんな未来を予感させる頼もしい新人を厳選して紹介していきます

宝塚歌劇注目の新人:有沙 瞳(雪組)

彼女は研3にして雪組トップスター退団公演「一夢庵風流記 前田慶次」で新人公演ヒロインに抜擢され、注目を浴びました。

日生劇場公演「伯爵令嬢」においては、若手世代の娘役としては異例の悪女(二番手ヒロイン)を演じ、その技術の幅をみせ、ファンを驚かせたのは記憶に新しいところ

若手男役スターとともにCMキャラクターに選ばれるなど、歌劇団からの期待値が高いことがわかります。

宝塚歌劇注目の新人:星風まどか(宙組)

その可憐な容姿と、組周り後配属された宙組で研1にてトップ男役の少年時代の役として大抜擢されました。

ヒロインとなる娘役が、足りないのでは?とされている現在の宙組においては、彼女の存在はこの先大きくなることが予想できます

宝塚歌劇注目の新人:亜蓮 冬馬(花組)

花組公演「エリザベート」にて研2でジュラ役に抜擢。

本公演で黒天使としても起用され、台詞や出番は少ないながらも観客の目をひく台詞とオーラで期待が高まる99期生です。愛嬌のある顔立ちが特徴ですね

花組は路線男役がひしめきあっていて、まだまだ大きな出番は待つことになりそうですが、舞台観劇の際には彼女をチェックしておいて損はないでしょう。

宝塚歌劇注目の新人:海乃美月(月組)

2014年月組公演「明日への指針」新人公演において、歌唱力と大きな存在感をみせることに成功した娘役です。

次の公演「1789-バスティーユの恋人たち-」では、主人公ロナンの恋人オランプ・デュ・ピュジェを役替わりで演じる予定

彼女の娘役を語る上で、キーポイントとなる役になるでしょう。

新人タカラジェンヌのフレッシュなパワーに圧倒!

今回は、2015年各組から期待される新人たちを紹介していきました

2014年から始まった95期生の活躍は、当然のこととして今回は省いています。

とはいっても宝塚は、異動や意外な大抜擢が頻繁に起こる場所でもあります。それも魅力のひとつ、として楽しむことが宝塚ファンの道。観劇するだけではない楽しみ方をしてみてくださいね!

宝塚歌劇の他のオススメ記事

宝塚歌劇を支える新人たちを観に行こう!

トップスターから下級生、そしてまた新たに入団する新人…宝塚歌劇は毎年よどみなく新陳代謝を図っています。彼女たちの軌跡を追える大切な期間。チケットキャンプでは、宝塚歌劇公演のチケットを取り扱っています。興味のある公演ができたらぜひ探してみてくださいね。

ヅカファン1万人が登録!宝塚歌劇団無料メルマガ配信中!

宝塚のお得なプレゼントやキャンペーン情報も配信中♪抽選で宝塚公演のチケットが当たる!?

みんなのコメント
  1. なな より:

    スッゴイ新人さんなんだけど、星組にいらっしゃる水乃ゆりさん!!
    まだまだまだ、新人さんなんだけど、舞台の何処に居るかもすぐ分かる!!
    彼女のTwitter見てもそのキラリしてるのがわかります^^

    応援してます!!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。