高中正義とは1971年からギタリストとして活動をスタートさせるミュージシャン、及び音楽プロデューサー。バンド結成、ソロ活動、そして他アーティストの楽曲提供もこなすプロデューサーとしての一面も持つかれだが、意外なことに活動当初は自身の意思とは反してベースを弾く姿を披露していた。当時のバンド名はフライド・エッグ。その後バンドの解散を機にサディスティック・ミカ・バンドへと参加し本格的なアーティスト活動を開始する。活動は進みいよいよソロとして活動をはじめると自身では歌声を入れないインストゥルメンタルのアルバムを次々と発表。そしていつしかフュージョンのジャンルとして大きな存在感を発揮することになる。1981年には日本レコード大賞企画賞、翌年に発表されたアルバムはランキングで1位に輝くなど時代を象徴するミュージシャンとして注目を集めた。

高中正義の日程

389人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

高中正義のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/21 00:00更新)

高中正義について

高中正義の魅力とは

高中正義とはギタリストとしてバンド、ソロ、プロデューサーと様々な活動を行ってきた1980年に高い人気を集めたアーティスト。ギタリストとしての腕前はデビュー以前から非常に高く、活動開始から楽曲が映像作品にタイアップ起用されるなど高い影響力を持っていた。1976年には映画「太陽の恋人 アグネス・ラム」の主題歌、1977年にはテレビアニメ「うる星やつら」「めぞん一刻」、1970年代後半から80年代にかけてのテレビアニメに大きな影響を与え、その後もドラマ、CMなど多数のイメージソングなどを手掛けている。その頃には当時人気を集めていたアーティストへと楽曲提供も行っており、石井明美、井上陽水、堀ちえみなどの楽曲を手掛けていた。自身の音楽活動と他での活動が活発化していた1980年代はまさに彼の絶頂期でもあり、楽曲だけでなく派手な格好で活動することも多くそのファッションもまた話題となっていた。2000年に入ると活動は落ち着きを見せるも、ライブDVDを発表するなどこれまでと変わらぬ活動を見せる。日本の音楽シーンを盛り上げたギタリストとして2012年には長寿番組「徹子の部屋」へと出演、絶頂期に比べ活動は落ち着くも根強いファンは今もなお彼を見守り続けている。

高中正義が好きな方はこんなチケットもおすすめ