貴水博之は、音楽ユニットaccessのボーカリストとして1992年にシングル「Virgin Emotion」でデビュー。1993年2月リリースの1stアルバム「FAST ACCESS」がいきなりオリコン2位を記録し、同年12月リリースの2ndアルバム「ACCESS II」は日本レコード大賞ベストアルバム賞受賞に輝く。1994年5月リリースの3rdアルバム「DELICATE PLANET」はオリコン1位を記録し、NHK紅白歌合戦にも出場を果たす。シンセサイザーを駆使した浅倉大介のデジタルサウンドと貴水博之のハイトーンボイスが生み出すダンスロックはブームを呼び一世を風靡することになる。しかし1995年、方向性の違いからaccessは活動休止となり、貴水博之はソロシンガーとして歌・作詞だけでなく作曲にもチャレンジする。2002年からaccessとしての活動を再開し、アルバム制作やライブツアーを行っている。また、ドラマや舞台、テレビのバラエティ番組にも出演するなどマルチに活躍しているアーティストだ。

貴水博之の日程

187人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

貴水博之のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

貴水博之について

ハイトーンボイスが魅力の貴水博之

1990年代、小室哲哉とともにデジタルサウンドを導入しダンスロックブームを巻き起こした音楽ユニットaccess。
クリアで伸びのあるハイトーンボイスで人気となった貴水博之はaccessのボーカリストとして名を知られている。貴水博之がミュージシャンとしてデビューしたのは1989年、バンドHOT SOXのボーカルとしてシングル「HANDY MAN」をリリースしたことに始まる。HOT SOXはアルバムを1枚リリースしただけで解散してしまうが、貴水博之のハイトーンボイスに惹かれた浅倉大介がアルバム「D-Trick」のゲストボーカルに彼を迎えたことがきっかけとなり、1992年から正式にaccessとして活動を開始した。

accessのシンセサイザーによる打ち込みサウンドと彼らのルックスは多くのファンを集め、ヒット曲を次々とリリース、音楽シーンの最前線を駆け続けた。しかし、方向性の違いからaccess は1995年に解散となり、それぞれソロ活動に入っていく。貴水博之はソロシンガーとしてハイトーンボイスとパフォーマンスを生かしたライブ活動を行う中、2002年に再び浅倉大介とaccessを始動させ、全国ツアーを皮切りに現在に至るまで活発に音楽活動を行っている。

ソロとしてもライブツアーを行い、また舞台俳優としても「銀河英雄伝説」で演じたオーベルシュタイン役が高い評価を受けた。現在、ライブや舞台、テレビなどに活動の場を広げている貴水博之が、2016年9月から全国ライブツアーを行う。1990年代を震わせたハイトーンボイスをぜひ聴いてみたい。

貴水博之が好きな方はこんなチケットもおすすめ