高橋名人の対戦ゲーム大会取扱中!高橋名人は、ファミコン全盛期に「ファミコン名人」として一斉を風靡した人物である。本名は高橋利幸。日本におけるプロゲーマーの先駆け的存在として知られており、現在は株式会社ドキドキグルーヴワークス代表取締役「名人」、株式会社MAGES.「名人」職、ならびに一般社団法人e-sports促進機構代表理事を就任している。1959年5月23日生まれの北海道札幌市出身。1982年に当時のハドソンに入社しゲームの実演役をおこなっていた。中でも「ハドソン全国キャラバン」で披露した、毎秒16回の速さでコントローラーのボタンを押す「16連射」は有名であり、そのほかにも「ゲームは1日1時間」という名言も大きな話題となった。

高橋名人の対戦ゲーム大会

3人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

高橋名人について

高橋名人の魅力とは

高橋名人は、1980年代後半にファミコンの名人として名を馳せた人物だ。1982年に旧株式会社ハドソンに入社し、宣伝部の部員としてゲームの実演役として生まれた「名人」としての役割を当時の社長に任命されている。

当時は、小学館が発行している低年齢層向け人気雑誌の月間コロコロコミックによるバックアップや、ハドソン自身によるゲームイベント「全国キャラバン」などによって、高橋名人の名が全国的に広がりを見せていた。中でもコントローラーのボタンを1秒間に16回押す「16連射」はコロコロコミックでも取り上げられ一世を風靡するまでになり、彼の代名詞と言えるものとしても知られる。

また、彼の名言の一つに「ゲームは1日1時間」というものがあるが、これには「外で遊ぼう元気良く。僕らの仕事はもちろん勉強。成績上がればゲームも楽しい。僕らは未来の社会人。」という続きがあり、色々なことを経験しようというメッセージが込められている。2000年代に入るとレトロゲームブームが到来。高橋名人は再び注目を集めている。

高橋名人が好きな方はこんなチケットもおすすめ